11月23日は お赤飯の日


お赤飯の日

赤飯の起源ともいわれる赤米などの五穀の収穫を祝う宮中行事の一つ「新嘗祭(にいなめさい)」。大昔は旧暦11月の二の卯の日(旧暦11月13日~11月24日のいずれか)に行われていましたが、今では「勤労感謝の日」に行っております。そんなわけで、本日11月23日は「お赤飯の日」なのですよ。
一般社団法人赤飯文化啓発協会が制定しました。へー、赤飯文化を啓発する団体があるんですねー。いろんな協会が存在してるんだなぁ。って、感心。

お米のルーツは「赤米」

そもそもお米が日本に伝来したのは縄文時代と言われております。その昔、中国大陸から九州地方に稲作技術が伝わったんですね。その頃のお米は今の白米とは違った、野生稲と言われるような色のついたお米が主流でした。その大部分は赤米で、お米のルーツとも言われているようです。古代から「赤」は邪気を払う力があると考えられており、だからこそお米はご馳走として神様に供えられることがあり、そんな今でもそんな風習も残っていますよね。

時代は進み、江戸時代になると品種改良や精米の技術が進み白米が人気に。食味の劣る赤米は徐々に食べられることが減ってきました。でも、神様へのお供え物は「赤米」でないと、ってことで小豆などで赤く色つけをする方法が浸透してきたそうです。こうやって赤米を使わなくなったことが理由なのか、赤飯にゴマを振りかける理由がなかなかの面白さです。
本来は神様に「赤米」をお供えするところ「白米」でお赤飯を作ったことを神様に「ゴマかす」ために、ゴマを振りかけるようになったんですって。本当ですかー?いやぁ、こういう文化って面白いですよね。

赤い赤飯、ではなく、青いイナズマ

本日11月23日の誕生日は、シンガソングライターの林田健司さん。正直、ご自身の歌というよりは、様々な方への楽曲提供の方が印象深い方ですよね。最近は元SMAPの三人が活躍されていますが、SMAPの代表曲「赤い赤飯」じゃない、「青いイナズマ」も彼の作品ですよ。あれ?ちょっとスベりましたよね、きっと。
はい、今日はショートバージョンで。
他にも今日はこんな日でしたよ!21年前には「たまごっち」が発売されたとか、なつかしー。

<B>

<SPONSORD LINK>
月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

ゴールデン☆ベスト 林田健司


11月22日は大工さんの日


大工さんの日

トントン、かちかち、という響きから記念日になったのかと想像していましたが、今日が大工さんの日である理由は複数あるようです。日本建築大工技能士会が1999年にこの記念日を制定されています。このサイトでよく参考にさせていただいている「今日は何の日~毎日が記念日」では、記念日の理由としていくつか掲載されていました。

・11月は「技能尊重月間」だから
「十一」を組み合わせた「士」は建築士にふさわしい
大工の神様・聖徳太子の命日が22日(622年2月ですが)
・11はニ本の柱、ニ二は土台と梁あるいは桁を表して軸組合の構造体ができるから

なかなか複雑ですが・・・ともかく今日は大工さんの日です!

大工さんにも種類がある

そもそも大工さんとは、おもに木造の建築物を建てる、またはリフォームする方をさす言葉とのこと。もともとは木造に限らなかったそうですね。
で、木造の建築物にもいろんな構造の建物があるので、構造ごとに大工さんの種類も違います。
・神社、仏閣など→宮大工
・家屋→家屋大工
・茶室など→数寄屋大工
・木造の舟→船大工
・障子、ふすまなど→建具大工
皆さん必ずしも専門分野のものをつくるだけではなく、例えば茶室っぽい部屋づくりの場合は数寄屋大工がかかわることもあるそうです。確かに、一般住宅もお客さんのこだわりによって凝ったつくりになることがありそうですよね。

木材って乾燥や湿気で形が変わるので、そういう性質も考慮しながら建てていくのは難しいでしょうね。全国の大工さん、お疲れ様です。

文壇の大御所であり文化功労者

今日は作家の丹羽文雄さんが誕生日だそうです。無知ゆえに初めてお名前を知りましたが、戦後は流行作家として活躍、また文壇では大御所的な存在として作家育成もされたそうで、1977年には文化勲章を受章されています。

2005年に100歳で亡くなられていますが、晩年はアルツハイマー病を患い、婦人や子供たちによる介護生活だったとか。ご本人は『親鸞』など宗教者を描いた作品も多く残されているようですが、娘さんが丹羽文雄さんの介護手記を出されているようなので、小説とあわせて読んでみたいところです。
今日はほかにもこんな日です。

<y>

<SPONSORD LINK>
マダム・タッソー東京<公式>

親鸞 1 叡山の巻 (新潮文庫 に 1-14)

父・丹羽文雄 介護の日々 (中公文庫)


11月21日はフライドチキンの日


フライドチキンの日

今から47年前の本日、1970年11月21日にケンタッキーフライドチキン(KFC)の日本第1号店が愛知県名古屋市西区にオープンしました。そんなわけで、本日11月21日は「フライドチキンの日」に。制定したのは、もちろん「ケンタッキーフライドチキン」を運営する日本KFCホールディングス株式会社です。たまに発作的に食べたくなるんですよね。チキンといえばケンタッキーなんでしょうね、もう、刷り込まれちゃってますよ。ホント。

カーネル・サンダーズおじさん

ケンタッキーと言えば、カーネルおじさんですよね。外国名に疎い僕は、ずっと本名だと思っていたんですけど、違うんですね。カーネル(Colonel)って「大佐」って意味で、名前じゃないんですって。
おじさんの本名は、ハーランド・デーヴィッド・サンダースさん。「カーネル」は「ケンタッキー州」が貢献した人に与える名誉称号(名誉大佐)のことのようです。へー。

では、ざっくりとカーネルおじさんの経歴を紹介しますね。

1890年に生まれたサンダースさん。30代半ばまで様々な職業を経験してきたそうで、行き着いたのがガソリンスタンドの経営。そこでお客さんからの要望もありガソリンスタンドの一角で小さなレストランコーナー「サンダース・カフェ」を始めることに。なんとこれが大当たりで店は大繁盛。規模も拡大して、ついにはケンタッキー州から「州の料理への貢献」ってことで「ケンタッキー・カーネル」の名誉称号を与えられたそうで。これかー!

この「サンダース・カフェ」で提供していたフライドチキンが今のKFCの始まり。圧力釜を用いた「オリジナル・フライドチキン」のレシピは今でも引き継がれている秘伝の味なんですね。

フランチャイズはフライドチキンから

で、この調理法を教えて歩合を得るという仕組みを始めたのが、ケンタッキーフライドチキン。いわゆるフランチャイズってやつですね、それが1952年のこと。いやぁ、いいこと考えたよね、サンダースさん。1960年には400店舗、今では全世界で18,000店舗もあるとのことで、恐れ入りました。
大成功を収めたのが、60代を過ぎてからなので、まだ僕にもチャンスはあるのかも。まだこれからですよね。よし、頑張らなねば。

カーネルおじさん像

日本のケンターッキーの前には、ほぼ必ずと言ってもいいほど立っている「カーネル・サンダース像」。これ、全世界共通なのかと思っていたら、日本だけなんですって。知らなかった!
もともとは、カナダのフランチャイズ店でイベント用に使われていたものが倉庫に放置されていて、それを視察に来た日本法人の幹部が「これいいじゃん!」って持ち帰ったのが始まりだそうで。また、日本ではケンタッキーの紅白の店舗が「理髪店」に間違われることも多々あり、その間違い防止にも「カーネルおじさん」は役立つとのことで導入が広がったようですよ。なるほどー。
ケンタッキーの前に、おじさんがいないと寂しいですもんねー。

決してチキンではない武道家

恐怖に震えて鳥肌が立つような臆病者って意味で「チキン」って蔑まれたりしますけど(思い出すのは、バック・トゥ・ザ・フューチャーですよねー)、この人たちはそんなこと言われたことないでしょうね。
「400戦無敗の男」柔術家のヒクソン・グレイシーと、「平成の三四郎」の異名を持つ柔道家の古賀稔彦さんが本日の誕生日。ちょいと脂の多いフライドチキンはあまりお好きではないかもしれないですけど。しかし、食べ始めたら何ピースでも食べちゃいそうですよね。

はい、ほかには今日はこんな日でしたよ!

<B>

<SPONSORD LINK>

干すよりキレイ。ふとんクリーナーはレイコップ

ケンタッキー流 部下の動かし方