4月25日は歩道橋の日


歩道橋の日

本日、4月25日は「歩道橋の日」。日本で初めて歩道橋が完成した日を記念して制定されました。それが1963年の4月25日、大和ハウス工業が建設した大阪駅前の歩道橋が日本初とされて、今日のこの日となったのですが、実は4年前に歩道橋は存在していたようなのです。ナント!

日本初は今日じゃなかった!?

ちょいちょいとネットで調べると結構すぐに分かるのですが、さすがに54年前ではそうはいかなかったんですよね。でも、もうちょっと調べたほうがいいのでは、と思いましたよ、さすがに。
本当の日本初の歩道橋は、1959年6月27日に設置された「学童専用陸橋」、愛知県清須市西枇杷島町にありました。東海圏の人以外はあまりわからないかと思いますが、西枇杷島町は名古屋市に隣接した街、東海豪雨で大きな被害を受けた街としても有名。あとは、カレーハウスCOCO壱番屋の1号店もあり、カレー好きの聖地として全国から訪問される方もいるようですよ。

本当の日本初歩道橋

そんな西枇杷島町、歩道橋ができた理由はやはり交通事故。急激に発展した車社会、交通事故が深刻な問題に。実際、現在の県道67号名古屋祖父江線(旧国道22号線)では、毎日必ず1件は交通事故があるほどの危険な道路だったそうです。しかも、近くに小学校があるため児童はこの国道を渡らねばならず、1957年に生徒が事故により重傷を負ったことをきっかけに歩道橋の設置を決めたそうです。だから名前が「学童専用陸橋」なんですね。ほうほう。

そして約50年、老朽化のために取り壊しが決定。小学校の生徒やその卒業生などが渡り納め式をした後、2010年4月10日に取り壊されました。もちろん、新しい歩道橋も作られ「西枇っ子歩道橋」と命名。で、撤去された歩道橋は翌年2011年に名古屋大学構内の橋梁研究施設を設けて、そこに移設されたんですって。ここで、橋を点検する技術を研究したり、技術を伝承する教材にするそうな、へぇ、すごいですねぇ。
取り壊されたとなると、どんな歩道橋か見てみたいですねぇ。と調べてみたらありました。橋マニアの方のブログでしょうか。綺麗な写真がたくさんありましたよ。

ほかにも今日はこんな日

さて、安全への橋渡しを記念する本日ですが、ちょっと怖いことに「ギロチンの日」でもあるんですよ。1792年4月25日にフランスでギロチンが実用化されたそうです。実用化って、、考えると怖いなぁ。しかし、そもそもこのギロチン。処刑をする際に受刑者に無駄な苦痛を与えないようにとして開発されたものらしく。良かれと思って作ったんですって。なんだかなぁ、考えちゃいますよね。
そんな恐ろしいこともあるかと思えば、いいこともあるかも。本日は「取得物の日」でもありますよ。1980年4月25日、銀座で1億円入りの風呂敷包みを拾ったラッキーな方がいたようで。それを警察に届けて、6ヶ月後に自分のものに。当時は取得した大貫久男さんという名前が世に出て一躍時の人に。今だったら個人情報保護の関係で実名は出さないと思いますけど、時代だなぁ。と。

ギロチンは嫌ですけど(絶対)、一億円は拾ってみたいなぁ。でも、実際拾ったら結構ドキドキしちゃいますよね、いろんな意味で。
はい、ほかにも今日はこんな日でしたよ。

<B>

<SPONSORD LINK>
喜ばれるギフトに、ふとんクリーナーレイコップ

1億円貯まったので、会社を辞めました。


4月24日は日本ダービー記念日


日本ダービーの日

1932年の4月24日、目黒競馬場で東京優駿競争が開催されました。1950年からは「日本ダービー」の副称が付けられ、一般的にはこちらの名称のほうが有名ですね。ということで、4月24日は「日本ダービー記念日」ですよ。
そもそもこの東京優駿競争、イギリスの競馬界の最高行事「ダービーステークス」を倣って始まったもの。この「ダービーステークス」とは、ロンドン郊外で開催されるサラブレット三歳馬のナンバーワンを決めるレースの事で、第12代ダービー卿が始めたとの事なんだって。え、ダービーってそもそも伯爵の名前だったのか。知らなかった!
日本でも「日本ダービー」と付けたように、世界各国でもダービーと名前のつくレースが開催されているようで、アメリカや日本では国内での最大級の競争。まぁ、競馬については素人なので、気になるワードをちょっと調べてみようかなと。

サラブレットの定義とは

この「日本ダービー」の出場資格は、
・サラ系3歳牡馬・牝馬 (出走可能頭数:最大18頭)
とのことです。
サラ系とは何?と思ったんですが「サラブレッド系種」との事のようです。サラブレットって系統がいい馬、なんだろうなぁくらいのイメージしか無かったんですが、きちんと定義があるそうで、当たり前ですけど。Wikipediaによると、

サラブレッド系種(サラブレッドけいしゅ)とは、アラブ血量が25%未満で以下の掛け合わせで生まれた馬である。
・サラブレッド × サラブレッド系種
・サラブレッド系種 × サラブレッド系種
・サラブレッド × アングロアラブ(アラブ系種)
・サラブレッド系種 × アングロアラブ(アラブ系種)
軽半種にサラブレッド種(あるいは同系種)を2代掛け合わせたもの

ということなんですって。
だけど、これじゃあ、そもそも「サラブレッド」って何かが分かんないですよね。
ということで、もう少し、

サラブレッド(英 : Thoroughbred)とは、18世紀初頭にイギリスでアラブ馬やハンター(狩猟に用いられたイギリス在来の品種)等から競走用に品種改良された軽種馬である。
語源は Thorough [ 完璧な、徹底的な ] + bred [ 育てられた、躾けられた ] で血統背景だけではなく、育つ環境も含めて完璧であることを指す。
アラブ種の血が混じった馬は、アラブ血量が25%未満ならば「サラブレッド系」、25%以上ならば「アングロアラブ」となる。

だそうです。ほう。まぁ、やっぱり簡単に言うと血筋のいいお馬さんってことですよね。
日本ダービーではそんなサラ系の馬たちが競争するんですけど、2016年の1着の賞金は2億円なんですって。ひゃー、すごいもんですねぇ。
ちなみにその賞金の配当は、馬主80%、騎手5%、調教師10%、厩務員5%、です。やっぱ持ち主が一番貰えるってことですね。お馬さんも大変だ、とびきりいい人参とか食べさせてもらえるんでしょうかね。

才能は親から子へ

さて、4月24日の誕生日は大鶴義丹さん。ご本人も俳優で、小説家、映画監督でもありますが、ご両親からの才能を受け継いでるんでしょうね。父は劇作家、そして「佐川君からの手紙」で芥川賞を受賞した唐十郎さん、俳優としても活躍されていたことも。母は女優の李麗仙さん。印象に残っている役は「親子ジグザグ」ってTBSのドラマで長渕剛さんの母親役、豪快でも優しい演技が印象的でした。いやぁ、やっぱり才能って受け継がれるものなんですかね。うちの子、大丈夫かなぁ。。
他にも、今日はこんな日でしたよ。

<B>

<SPONSORD LINK>
スマートチラシなら初心者でも簡単チラシ集客!

Gallop 臨時増刊 日本ダービー80年史 [雑誌]


4月23日は地ビールの日

23日

地ビールの日

飲んでますか〜!本日4月23日は「地ビールの日」なんですよ、皆さん!地ビール、最近ではちょっとお洒落に「クラフトビール」なんて言葉も定着していますね。ビールって夏のイメージなのに、何で4月?と思いますよね。それはですね、1516年の4月23日に「ビール純粋令」ってのが、ドイツ・バイエルン国王のウィルヘルム4世が発布したことを記念に選定されたんです。この「ビール純粋令」は「ビールとはなんぞや」を定義したもの。それによると、「ビールは水・ホップ・大麦(のちに麦芽と変更)のみを原料とすべし」とされたんだそうで。これを酵母を使って醸造しましょう、ってことですね。ちなみに日本だけでなく、ドイツでも4月23日は「ビールの日」なんですよ。

ただ、この「ビール純粋令」のちにEC加盟の諸国からバッシングを受けて、1987年には非合法化されます。現在の国際的な「ビール」の基準は「麦・ホップ・水と酵母が基本となった醸造酒」。だから、これ以外の材料でフルーツや米などの副材料が使われていてもビールになるというわけ。
ということは、日本にある発泡酒や新ジャンルビール、アルコール1%未満のノンアルコールビールも本来は「ビール」なんですよね。

ラガービールとエールビール

そして、ビールには大きく分けて2種類あることはご存知でしたか。日本において大手メーカーが発売しているビールの多くは「ラガービール」。いわゆる下面発酵されたもので、スッキリとシャープな味わいが特徴。それに対して、クラフトビールの多くは上面発酵のエールビール、こちらはラガーと比べるとフルーティーな香りで味わい深い。色もちょっと濃い目で(もちろんそうでないものもありますよ)味もラガーと比べると濃い感じ。
その特徴を簡単に表にしてみましたよ。

酵母 上面発酵酵母 下面発酵酵母
出来るビール エールビール ラガービール
発酵温度 16〜24℃ 4〜10℃
発酵期間 短い(3〜6日) 長い(6〜10日)
特徴 フルーティーな香りで
奥深い味わい。
キリッとしたシャープ。
スッキリとした味わい。

クラフトビールの種類

さて、本日はあくまで「地ビール(クラフトビール)」が主役。世界中には様々な種類のビールがあります。そのビールのキャラクターを決めるのは、何と言っても麦芽です。麦芽はモルトと呼ばれて、温風で乾燥されたり、ロースターで焦がされたり、その具合によって味が大きく変わってくるんです。
わかりやすく言うと、例えば黒ビール。有名なところで「ギネスビール」ってご存知でしょうか。このビールに使われる麦芽は、大麦を220〜230℃で焙焦(ロースターで焦がし)したローストバレイ、真っ黒のモルトがビールの色を決めるんですね。他には、ビールの原材料以外の副材料を混ぜることで奥深い風味を与えることも。米やコーンはもちろん、フルーティーな味わいを出すためにチェリーやイチゴ、オレンジピールなどを入れることも。コクを出すためにコーヒーやチョコを入れたりすることもありますよ。

キリン ドラフトギネス 330ml×24本

おすすめのクラフトビール

そんな膨大な種類のあるクラフトビール、どれも特徴的で味わい深いのですが、ラガービールを飲みなれた僕らには「ちょっとビールっぽくないなぁ」と思うこともあったりします。そんなクラフトビール初心者に僕がおすすめするのが、ヤッホーブルーイングの「よなよなエール」。日本のメーカーは日本人の舌に合うビールを作るなぁ、と感心です。区分としては「アメリカンペールエール」明るめの銅色のビールです。ペールとは「薄い」って意味ですが、ラガービールをよく知る私達にはむしろ「濃い」色。しかし、はじめにペールエールが出来た当時(1630年ごろ)には随分と薄めの色だったんですって。
さて、この「よなよなエール」特徴などはメーカーのウェブサイトに詳しく載ってますのでそちらにて。いわゆるラガービールはキンキンに冷やして「くわー、この一杯のために!」って飲むことがありますが、エール系はそういった飲み方はご法度。ビールの種類によっても違いますが(9〜16℃くらい)、よなよなのWebによると13℃がおすすめだそう。このくらいの温度が一番香りが引き立つんだって。だから、一気飲みじゃなくて、食事と一緒にビールを楽しんでくださいね。どちらかと言えば、ワインの感覚ですよね。
まずはこの「よなよなエール」からクラフトビールを楽しんでみては。最近ではスーパーとかでも売っていますのでお気軽にクラフトビールの世界を体験できますよ。

よなよなエール 350ml×24本

いやぁ、今日はビールの話だったんで、思わず熱が入ってしまったよ。もっと書くこといっぱいあるんだけどなぁ。さて、本日4月23日は他にはこんな日でしたよ。

<SPONSORD LINK>
ダニ・ハウスダストにお悩みなら