4月28日は象の日


象の日

4月28日は「象の日」。以前11月16日に「ぞうさんの日」を紹介した時にも書きましたが、僕なかなか象が大好きなのであります。今日の象の日、はるばる海外から来た象が天皇の前で披露されたことを記念されたものだそうです。

きっかけは将軍様の一言

そもそも「象を日本に呼べい」と命じたのは、緊縮政策「享保の改革」で有名な徳川8代将軍の徳川吉宗。この将軍様、海外のものにとっても強い関心があったんだとか。しかしこの時代は鎖国体制下、なかなかの微妙な時代です。
そんな将軍様の命を中国商人が承ります。1727年に象を日本に連れてくることを約束、交趾広南(現在のベトナムのホイアンあたり)から象は日本に来ることに。長崎にやってきたのは象さん二頭、オスは7歳、メスは5歳であったそうな。1728年6月13日のことでありました。随分の長旅、船の中では不安だっただろうなぁ。気の毒に。しかもこのメス象に至っては、日本に上陸してから3か月後に死んでしまったとのこと。きっといろんなストレスがあったんだろうなぁ。かわいそうに。パオン。

将軍訪ねて何千里?

さて、そこからは残ったオス象の旅がまだ続くのです。翌年の3月から彼は陸路を使い江戸まで行くことになります。将軍様に会わなくては!ってことです。記録によると、1日に3〜5里(というと、12〜20キロほどですね)歩いたそうですよ。
途中で京都に立ち寄り天皇への上覧がありました。それが、1729年4月28日だったんですよ。象の日は天皇の上覧を記念するもので、将軍に会った日ではないんですよね。この時代、天皇に上覧するには官位が必要らしく、形式的に象にも「広南従四位白象」って官位が与えられたんですって。へぇ、さすがお役所。象は、中御門天皇と霊元上皇の御前に姿を見せて「うやうやしく前足を折り曲げて、最敬礼の所作をした」そうで、なんて素晴らしい!かわいいなぁ、象。パオン。

はい、まだ京都です。そこから江戸までまだまだ歩きます。江戸に着いたのは5月25日。約1ヶ月も歩いたんですねぇ。頑張った!江戸市民も象の到来に大熱狂です。「象様のお通りー」って宜しく、

道を綺麗にして、象の飲む水を用意しておくこと
寺など鐘は突かないこと……象が驚くからであろう。
牛や馬は街道に近づけないこと……十丁以上離しておくこと
見物で騒がないこと、街道には縄を張ること……家の中からでないように
街道にある「あおさ」(藻の一種)など汚れた物は取り除いておくこと
犬や猫は繋いでおくこと
火の用心をしておくこと

こんな通達もされていたそう。
2日後の5月27日、徳川吉宗はいよいよ念願の象にご対面するのです。吉宗将軍、その時にどんな風に思ったんでしょうねぇ。この時から約10年以上もこの象は幕府が飼育したそうで、吉宗将軍もちょいちょい象を見に来たそうですよ。きっとあの鼻にやられちゃったんですね。パオン。

異国の地でお疲れさまでした

ただ、象を飼育するのは大変で年間に200両もの飼料代が掛かったり、番人が象に踏まれて(多分ですけど)死んでしまうこともあり、とうとう民間に払い下げられることに。引き取った農民・源助さんは見学料を取ったり、象饅頭を名物として販売したり、乾燥させた象の糞を薬として売ったりして(ひえー)飼育していたけれど、管理の悪さゆえオス象は病死してしまったそうです。
誰も仲間もいなく、異国の地でさぞ寂しかったでしょうね。合掌。パオン。

4月28日の誕生日

さて、今日の誕生日は、お笑いタレント・おかずクラブのゆいPさん。まぁ、なんだ、象の日ですしね。ウィキペディア情報によると、ゆいPの「P」は「ピュア」のことらしく、ピュアじゃなくなったらPを取るんですって。なんだそりゃ。
彼女の昔の写真をテレビで見ましたが、なかなか可愛いんですよね。本人も調子がいい時は「平愛梨似」とも言ってるようですし、ポテンシャルはあるんでしょう。あら、なんのこっちゃ。まぁ、いいや、象の日ですしね。
他にも今日はこんな日でしたよ。

<B>

<SPONSORD LINK>

象の旅―長崎から江戸へ

お台場観光スポットならマダム・タッソー東京!


4月27日は悪妻の日


悪妻の日

いやぁ、こんな日のことを書く時が来るとは。本日、4月27日は「悪妻の日」です!僕の担当で妻のことを書いたのは「主婦休みの日」や「愛妻感謝の日」など、「ありがとう嫁さん」的な記念日ばかりですが、今日は「悪妻の日」ですよ。悪妻、鬼嫁!まぁ、他意はないですけどね。

さて、なぜ4月27日が「悪妻」なのかと言えば、紀元前399年4月27日に毒殺刑によって命を落としたソクラテス、その妻・クサンティッペが「悪妻」と知られることからということで。えっ、ソクラテスの日じゃなくて?夫が死んだ日を記念日に、さらに悪妻の烙印とは。なんと気の毒に。

悪妻エピソード

じゃあ、このクサンティッペさん、一体どんな悪い嫁だったのでしょうか。幾つかのエピソードを紹介してみましょう。

どうにもこうにもソクラテスのことが気に入らず、朝から晩まで愚痴ばかりを言う妻クサンティッペ。そんな奥様を見てソクラテスの友人が言ったとさ。

「よくあんな小言を言われて耐えられるもんだ」と。そこで、ソクラテスが一言「ああ、セミは幸せだね。何も言わない妻がいるからね」と。

「おー、ソクラテス。そんなひどい妻なら、何で別れないんだ」と友人が言うと、「彼女とうまくやっていけるなら、他の誰とでもやっていけるだろうからね」そして、さらに

「そうだ、君もぜひ結婚したらいいよ。良い妻を持てば幸せになれるし、悪い妻を持てば私のような哲学者になれるんだ」と。

ん?なんか、ソクラテスが嫌味な奴なのでは!?こんな感じで接していれば、そりゃ妻も怒るんではないかなと思われます。

そんなこんなで、クサンティッペはいつもソクラテスに憤慨しております。ある日、激しく怒ったクサンティッペ。ソクラテスは何食わぬ顔で知らんぷり、逆上した妻はとうとう彼に尿瓶の尿を頭から浴びせるのでした!な、なんと!しかし、ソクラテスは平然と一言「嵐の後には雨はつきものだ」と、尿ですけど。

悪いのは悪妻なのか?

まぁ、確かにひどい妻かもしれませんが、ソクラテスもなかなか腹の立つ夫だとも思われます。当時、古代ギリシアでは年齢の高めの男性が、若い女性を妻にもらうことが一般的。彼らの年の差も40歳近くあったものとされています。しかもこんな仲の悪そうな夫婦でも、ソクラテスが亡くなる時には子供が3人もいたそうですよ、一番下は乳飲み子だったとか。なんだよ、ちゃんと仲良しじゃん。
まぁ、古代のことなので、どこまで本当かはわかりませんけどね。こちらのページで「ソクラテスの妻クサンティッペは本当に悪妻なのか」との話がとても面白かったです。考察が良い感じです、ぜひ読んでみてください。
物は言いようで、クサンティッペさんが悪妻というよりは(とはいえ、それなりに気の強い女性だったのでしょうけどね)ソクラテスが偏屈な人だったのではないかとも思えるのですよ。はい、今、女性を味方にしました。

悪妻の日生まれの芸人さん

悪妻の日でどなたかの誕生日としてご紹介するのは、なんだか気が引けますが。お笑い芸人パンサーの尾形貴弘さん、先日ご結婚されましたよね。一般人の方(あいちゃん、らしいっす)と交際3年を経てのゴールインだとか。さすがに尿をかけられるのは勘弁ですけど、多少の小言は聞いておいたほうがいいかと思われますよ。はい、ちょっとだけ先輩としてのアドバイスでございます。
他にも今日はこんな日でしたよ。

<B>

<SPONSORD LINK>

ダニ・ハウスダストにお悩みなら

ソクラテスの弁明・クリトン (岩波文庫)


4月26日はオンライン麻雀の日


オンライン麻雀の日

リアル麻雀だと役がいまいち分かんないんだよねぇ。というわけで、本日4月26日は「オンライン麻雀の日」。健全な娯楽としてオンライン麻雀の普及と振興を目的に、オンライン麻雀の運営する株式会社シグナルトークが制定しました。なんで、4月26日かと言えば。
「4人(4)でつる(26)む」なんだとか、う、うむ、なかなか、健全じゃない印象もありますけど。他にも、「for(4)ツモ(26)」とか、「四副露:スー(4)フー(2)ロー(6)」と読めるからとか。さ、最後のはちょっと分かんないかもね、麻雀好きじゃないとねぇ。だから僕、わかりませんよ。

そもそも麻雀の始まりは?

さて、オンライン麻雀はその名の通りインターネットを使った麻雀のことですが、そもそも「麻雀」の始まりはどこからなんでしょうね。
起源については諸説あるようですが、有力なのは明の時代からあったカードゲーム「馬吊」と「骨牌」ってのを合体させたものだと言われています。まぁ、それぞれどんなものか想像できないですけど。。
今でこそ、雀卓と呼ばれるテーブルはフェルトが張ってありますが、当時は麻布の上で行っており、麻雀牌は竹製だったため混ぜる時に雀の鳴き声に似ていることから「麻雀」と名付けられたそう。雀の鳴き声って「チュンチュン」ですよね、へぇ、そんな風に聞こえていたんですね。聞いてみたいものです。
そんなこんなで中国で誕生した麻雀は、やがて海を渡りアメリカへ。1920年代にはアメリカで大流行、アメリカ式のルールや役が生まれたくらいだそうで。ただ、ブームは一過性のもので1940年頃にはすっかり落ち着いてしまったようですね。確かに、アメリカ人が麻雀やってるイメージはないなぁ。

日本の麻雀の変遷

日本での麻雀は明治末期から大正中期くらいに全国に広がっていきます。ただ、第二次世界対戦が始まり麻雀人気も一旦は陰り、再び浸透し始めたのは戦後になってから。その後、1965年に阿佐田哲也が「麻雀放浪記」シリーズの連載を開始、この頃から第二次麻雀ブームが起きたと言われています。ただ、当時の麻雀はなかなかのダークなイメージでした。麻雀といえば、タバコ吸って酒飲んで徹夜で賭博、って印象。「オンライン麻雀」が「健全」を掲げているのは、こんなイメージを打破したいからなんでしょうね。
で、時代とともにゲームにも麻雀が登場。僕の印象的には喫茶店ですねぇ、コメダにあるような赤いソファ椅子の喫茶店には、一時期テーブルが麻雀ゲームになってましたよねぇ。ああ、懐かしい。おっちゃんたちが「レイコー(アイスコーヒー)」を頼んでた時代ですよ。同時にゲームセンターでは脱衣麻雀が流行り始めましたね。勝ったら女の子が脱いじゃうやつです。中高時代だったので、横目でチラリと見るくらいだったなぁ。
そんな時代を経て現代では「オンライン麻雀」へとたどり着いたんでしょうね。リアルな友人を4人集めるのは結構大変ですしね、オンラインなら対戦相手は豊富にいるし、コンピューター相手じゃないのがいいんでしょうね。僕は、やったことないですけど。すみません。

麻雀放浪記 角川映画 THE BEST [DVD]

芸能界きっての雀士の誕生日

4月26日の誕生日は、芸能界きっての雀士とも言われる風間杜夫さん。麻雀番組「THEわれめDEポン」では複数回の優勝経験を誇るほど。他にも、芸能界の麻雀仲間としても交流のある萩原聖人さんが主役アカギの声優をしているアニメ「闘牌伝説アカギ 〜闇に舞い降りた天才〜」では、ヤクザの代打ちの浦部の声も演じていました。ご本人曰く、何かと麻雀とは縁があるそうですよ。今日の誕生日もそうですよね。確かに。
はい、今日は他にもこんな日でしたよ。

<B>

<SPONSORD LINK>

闘牌伝説アカギDVD-BOX 1 覚醒の章

スマートチラシなら初心者でも簡単チラシ集客!