3月20日は電卓の日


電卓の日

1974年、日本の電卓生産量が年間1000万台を突破、そして国産電卓の発売から10年目の節目の年ということで、日本事務機械工業会(現在はビジネス機械・情報システム産業協会)が3月20日を「電卓の日」に制定しました。それで何で、3月20日が選ばれたかといえば・・・。何だか今までにないぼんやりとした理由で驚きです。

3月20日を選んだ理由が衝撃

日本初の国産電卓は1964年3月18日、シャープがオールトランジスタ電卓として「CS-10A」を発表したのが始まり(発売は6月だったそうですよ)。それからちょうど10年目の年だし、この日を電卓の日に!って事になりそうだったんですが「20日の方が覚えやすそうだし、3/20にしようぜ」ってことで、3月20日となったという・・・。何だそりゃ?ありなのか?そんなアナログっぽい理由でいいのか、と愕然としましたよ。ある意味すごいです。

日本初の電卓の価格に驚き

このシャープが発売した「CS-10A」当時は、535,000円もしたんですって。そ、そんなに高かったんだ。今では100円ショップでも手に入るくらいなのに、そう思うと技術の進歩って素晴らしい。その当時の50万だと、車も買えるくらいなんだって。新しい技術ってすごいよね。
国産第1号機はトランジスタ電卓。トランジスタは530個、ダイオードを2300個使って重量は25キロもあったそうです。うーん、当時は便利だったんでしょうけど、計算するくらいですよねぇ。すごいなぁ。コンピュータ博物館の資料によると、こんなスペックのようです。

技術の進歩で価格は下がる

その後は技術の発展とともに価格もどんどんと下がってきますよ。例えば、翌年のカシオ製だと38万円。さらに翌年の日本計算器販売製は、298,000円に。
60年代後半から70年代前半になると、トランジスタからICやLSIが主流になり、低コストで小型化の実現が可能になっていきます。1969年に発売したシャープの世界初LSI電卓「QT-8D」は99,800円。その2年後の1971年には立石電機(現在のオムロン)が5万円を切る機種を発売して「オムロンショック」とも呼ばれたんだそう。
まだまだ技術は上がり、価格は下がりますよ。翌年1972年には、カシオから12,800円の電卓が発売され、1975年には5,000円を切る金額に。なんと、国産電卓の発売から約10年で値段が1/100になるということに。ちょっと怖すぎます。そんな価格下落でメーカーは撤退や倒産を余儀なくされ、市場は淘汰されていきます。あー、怖い。

技術は落ち着き付加価値の競争へ

その後、70年代後半からは高付加価値化の方向に。より小型化・名刺サイズになったり、太陽電池のものができたり、電子ゲームができるようになったりと。さらに80年代には、辞書機能やカロリー計算機能がついたりしますよ。
90年代以降はいよいよPDA化へ、シャープのザウルスとかアップルのニュートンとか欲しかったなぁ。で、パソコンソフトの中にも電卓が入り、世の中携帯電話が普及していくと、電卓機能があるのが当たり前になって、今ではスマートフォンのアプリに。
多分、コンピューターの歴史ともよく似てる、というか、電子的な部分になってからはコンピューターと融合したというべきか。パソコンも昔はめちゃくちゃ高かったしね。僕も中学の時に父親にねだって買ってもらったPC88、今考えると凄い金額だったなぁ。大人になって買ったMACのメモリだけに30万以上は払ってるしなぁ・・。(遠い目)

PDAはちょっと別として、技術が落ち着くとどんどん付加価値をつけていくことって良いような悪いような、なんか日本のメーカーの悪い癖のような気がしますよね。必要ない人にとっては、ただ邪魔なだけのものだしね。説明書もどんどん分厚くなってくるし。そこいくと最近の海外製はシンプルな機能、シンプルなデザインが多いからオシャレに見えるし、使いやすかったりもするんでしょうね。あ、話がずれた。

3月20日はどんな日か

これからどんどんIT化が進んでいくと、pepperくんのようなロボットが普及して、将来的にはサイボーグ的なものが街を徘徊する世の中になっていくんでしょうかね。そんな近未来漫画「銃夢」を描いた木城ゆきと先生、本日が誕生日です。しかし、ラストはなかなかの衝撃だったなぁ、まさか脳みそがねぇ。
他にも、1951年には日本初のLPレコードが発売されたり、2006年にはICパスポートが導入された日であったりと、技術について何かと考えたくなる日だったりするんです。はい。
<B>

<SPONSORD LINK>
等身大フィギュアに囲まれてセレブ体験! マダム・タッソー東京

[まとめ買い] 銃夢

新品価格
¥4,860から
(2017/3/17 18:57時点)


3月19日はカメラ発明記念日


カメラ発明記念日

写真撮影に8時間かかったのが、この発明によって写真機の前に動かずじっとするのが30分ほどで済むように。これは大変な発明ですね!カメラの原型ともいわれる物が、フランスのルイ・マンデ・ダゲールさんによって1839年に発明。日本では銀板写真ともいわれる、ダゲレオタイプのカメラだったそうです。「写真は魂が抜かれる」と言われたのは、そっくり写せることに驚き魂が移ってしまうのでは!という迷信もあれば、撮影に長時間かかって魂が抜かれたようになってしまうからという理由もあったとか。8時間かかったら、そりゃぐったりして魂が抜かれるわー!

記念日が違う日かもしれない疑惑

フランスの科学アカデミーが開催されたのは8月19日で、公にはこのとき発表されたらしい。3月19日という記録が残っておらず、どうも8月を3月に見間違えた説が有力なんだそうです。歴史が塗り替わってるかもしれませんが、日にちよりもカメラができた事実の方が大事でしょうね。

手描きで映した時代も

ピンホールカメラという、レンズではなく小さな穴を通して映像をうつすカメラのしくみ自体は、1839年よりもっと前に開発されていました。でもフィルムがなくて、景色をすりガラスにうつしだすだけだったようです。16世紀頃になると穴ではなくレンズが使われるようになり、これを使ってなんと手描きで景色をうつしていた時代もあったらしい。宮廷画家とかは肖像画をたくさん描いているし、こういった装置を使っている人もいたんでしょうか。でも、どのくらい正確に反映できたんでしょうかねぇ。

アイドルには不向きなダゲレオタイプカメラ

ダゲレオタイプの写真機は、フィルムの代わりに銀メッキの銅板を感光材料として使用しており、それがそのまま写真になるので焼き増しはできないそう。欲しければ、何度も撮り直し。アイドルはたまったもんじゃありません。白黒が実際と反転したネガを使って焼き増しできるようになったのは、1841年にネガポジ法の技術が開発されてからのようです。
ちなみにこの頃の日本は、開国の波が押し寄せてくるあたり。徐々に開港され、輸入が始まって伝来したもののひとつに写真機もあり、現存する最古の日本人写真は島津斉彬(しまづなりあきら)という方の写真らしいです。第11代薩摩藩主で西郷隆盛らも育てた名君主だとか。新しいことを試せる人でもあり、肝が据わってたんでしょうね。

今日の誕生日はカメラに慣れた?あの方

今日はハリウッドでも人気の俳優、ブルース・ウィリスさんが誕生日です。ハリウッドスターともなれば、写真撮影する機会も多いでしょうね。ネガポジ法が発明されてよかったです。
今日はほかにもこんな日です。

<y>

<SPONSORD LINK>
本物そっくりの世界のスターが大集合! マダム・タッソー東京

大人の科学マガジン Vol.14 ( ステレオピンホールカメラ ) (Gakken Mook)


3月18日は点字ブロックの日


点字ブロックの日

1967年3月18日、岡山県立岡山盲学校の近くの交差点に点字ブロックが敷設されたのを記念して、本日が「点字ブロックの日」として社会福祉法人・岡山県視覚障害者協会が制定しました。

点字ブロックの開発

この点字ブロックの開発をしたのは、三宅精一氏。発明家として様々なものを開発してきた三宅さんは部類の動物好き。当時は珍しかったセントバーナード犬をつがいで飼っていました。今でも珍しいですけどね。セントバーナードって、なかなか街では見かけないですよねぇ。
そんなセントバーナードに1963年に仔犬が生まれ、引き取り手を探している時、ある人が現れました。それが、視覚障害者へ支援事業をしている「日本ライトハウス」の理事であった岩橋英行さんでした。
岩橋はもともとは健常者でしたが、病気により失明の宣告を受けていました。盲人の人の暮らしが気になったんでしょうか。三宅さんは岩崎さんと色んな話を繰り返します。犬きっかけで「盲人の人たちのために、自分にできることはないだろうか」と考えた始めることに。セントバーナードってウイスキーを首につけて、雪山遭難した人を助ける犬ですよね。いかにも人助けっぽい繋がりです。
「目の見えない人は、苔と土の境が靴を通しても分かるんです」と言った岩崎さんの一言から「これだ!」と閃いて三宅さんは点字ブロックの研究に取り掛かったそうです。なーるほど。
そして、それから2年の歳月をかけて点字ブロックは生まれました。その間は様々な試行錯誤があったそうですよ。すみません、割愛しますけど。でも、ここから先の方もすごいんですよ。感動です。

正しいことだから、やりぬく

そして、1967年3月18日に世界初の「点字ブロック」が敷設されるんですが、なんと驚くことに費用はすべて三宅さんの自腹だったんです。道路工事ですよ!とてもお金がかかると思うんですが、人のためへの信念でしょうか。ホントすごいです。
その後も、点字ブロックを全国の県や市に寄贈を続けます。もちろん全部自腹なんです。約4000の市町村ですよ。確かに岡山だけにあっても仕方ないですもんね、日本全国に整備できなければ、無いのと同じですもん。
世のため、人のため、盲人のため。手紙を書いてサンプルを送り続けるも、問い合わせもなく、役所に訪問しても押し売りと間違えて追い返されることも。新しいことってなかなか理解されないから辛いですよね。「正しいと決めたら、何が何でもやりぬく」と決めて私財を投げ打って、経済的にも苦しくても三宅さんはくじけません。泣けます。

点字ブロック規格統一の大切さ

その甲斐あって少しずつ普及してくると、今度は類似品が出回るようになりブロックの色や形がバラバラに。そうなると、盲人の方は混乱をしてしまいますよね。「これじゃあ、何のため、誰のためのものかがわからない!」と三宅さんは全国の行政機関に規格統一の必要性を訴えて回ったと言います。そんな中、昭和57年に肝臓を患い亡くなってしまったんだそうです。なんてこと!
その後、岩橋さんや三宅さんの弟さんが意志を継いで、2001年に点字ブロックはJIS規格によって統一されることになるんです。素晴らしい!よかったね、三宅さん!

普段は「点字ブロックってあるなぁ」ってくらいで、そんなに深く考えたことはなかったですが、こういう人たちの努力によって日本全国に整備されていったんですよねぇ。偉い人だなぁ。
点字ブロック、きちんと機能するために、モノや自転車などの障害物が置かれないようにしないといけないですよね。改めて思いましたよ、はい。

3月18日の誕生日は?

昨年2016年の24時間テレビで『盲目のヨシノリ先生〜光を失って心が見えた〜』ってドラマが放映されましたよね。実在する全盲の中学校教師のお話です。ご本人も「世界一受けたい授業」で拝見しましたが、とても素晴らしい方。ドラマも感動しました。
そのドラマで、教育委員会の担当者として出演していた俳優の山中崇さん、本日3月18日が誕生日です。おめでとうございます。
他にも今日はこんな日でしたよ。

<B>

<SPONSORD LINK>

定期購入機能でオンラインショップの売上倍増

24HOUR TELEVISION ドラマスペシャル2016 「盲目のヨシノリ先生~光を失って心が見えた~」 [Blu-ray]

新品価格
¥4,010から
(2017/3/16 19:38時点)