6月16日は和菓子の日


和菓子の日

本日、6月16日は「和菓子の日」。全国和菓子協会が1979年に制定しました。なぜ、6月16日かと言えば、今をさかのぼること1169年、時の天皇、仁明天皇が神前に16個の菓子や餅を供えて健康祈願をしたことが由来となっております。よくそんな記録が残ってたな、ってことと、仁明天皇ってそんなにお菓子にゆかりがあるのかな、って疑問が残りますよね。

仁明天皇ってどんなお方

仁明天皇は「にんみょうてんのう」とお読みして、第54代天皇であります。在位期間は平安時代初期、833年3月30日から850年5月4日までとされております。
833年、23歳の時に叔父に当たる淳和天皇の次に即位されました。23歳で即位して、在位期間が17年、譲位したのは病に倒れてしまったからだそう、40歳でお亡くなりになられたようです。幼少期から病弱だったそうで、7歳頃から様々な病気だっとと「続日本後紀」に書かれています。そんな仁明天皇は即位後、自分で調薬するほど博識で、医師と同じくらいの知識があったそうです。
「和菓子の日」の由来の6月16日、848年は病で亡くなる2年前。健康祈願も切実だったんですね。

6月16日の誕生日

「やられたら倍和菓子だ!」ってことで、え?違う?「倍返しだ!」ってことで、半沢直樹シリーズの作者・池井戸潤さんが本日の誕生日。来月からは、WOWOWドラマで「アキラとあきら」ってのが始まります。これも話題になりそうですねー。
今日はちょっと色々あって、さっぱりしてますが、こんな感じで。本日は他にもこんな日でしたよー。

<B>

<SPONSORD LINK>

WordPressが簡単・すぐに使える『レンタルサーバーheteml(ヘテムル)

アキラとあきら (徳間文庫)

sac taske ア〇ラ 100 パーセント お盆 キラキラ 蝶ネクタイ コスプレ セット 宴会 余興 (アキ〇 100%)


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です