4月21日は民放の日(放送広告の日)


民放の日(放送広告の日)

インターネットの普及でテレビ離れ、ラジオ離れが叫ばれている世の中ですが、本日4月21日は「民放の日」なのですよ。今から66年前の1951年、民間放送ラジオ16社に予備免許が与えられたのを記念して制定されました。
この16社が集まり、同じく1951年に日本民間放送連盟(民放連)を創立、というわけで、この民放連さんが作った「民放の日」のページがこちら。民放の日の経緯や放送についてのいろんなお話が載っているので詳しくはそちらをご覧いただければ、本当によく分かるのですよ。せっかく調べて書こうと思ってたんですけどね。ランディングページに情報量は敵いませんさ。致し方なし。

民放テレビ見てますか?

冒頭でも書いたように、最近リアルタイムでテレビを見る機会はめっきり減りましたよね。見たい番組があれば、レコーダーに録って見てますし(思わず「ビデオ」と書こうとしてしまうのは、世代ですよねぇ)、たとえ録画をし忘れたとしても、頑張れば見れちゃうこともあるしね。違法にアップされたYouTubeはもちろんNGですけども、最近では「TVer(ティーバー)」ってのがあるじゃないですか。ご存知?

見逃しにはTVer(ティーバー)

民放キー局5局が2015年10月26日に立ち上げてスタートした、インターネットによるテレビ番組の無料配信サービス。僕もたまに使っていますが、いいところと微妙なところがあるんですよね。
まず、いいところは、やっぱり見逃した番組が後からでも見られること。ただし、公開しているのは1週間ほどなので(例えばドラマなら翌週に新作が配信されるまで公開)アーカイブを遡ってみることはできないんですけどね。
あとは画質が綺麗なところ。主にスマホで見ることを想定されているので、それほどの解像度は必要ないとはいえ、さすがオフィシャルで配信しているから綺麗ですよ。
で、残念なところは、テレビ番組なのにテレビで見られないこと。裏技を使えば(MacからAppleTVを使ってAirPlayでミラーリングできるそうです。ただし、iPhoneからはできないのですよ。残念。)できるそうですが、それも面倒だしね。
あとは、対応している番組がまだ少ないこと。確かに、各民放放送局はそれぞれ有料でオンデマンド配信をしているので全てを無料にするわけにはいかないのでしょうが、これはちょと残念。「見逃したー!あ!TVerで見よう!、、、やってないじゃん。。」というのが何度かありましたね。まぁ、文句は言えませんけどね。

民放だもん、CMがありますよ

で、もう一つ。これを言っては何ともならないと思いますが、CMが多いこと。まぁ、そりゃ民放ですからね。無料なのは広告主さんがいるからですよ。それは分かっているんですが、なかなかのCMまみれ感はありますね。録画と違ってCM飛ばせないですし、タイムバーで早送りしても必ずCM流れますからね。その辺がちょっとストレスかなぁ。いやなら有料サービス見ろってことですね。ごもっとも。
この広告と番組の関係をもっと解消できれば、面白いビジネスになるのかもしれないですよね。例えば、提供している広告主のCMで流れている商品を購入すれば、一定期間の間はCM無しのまま番組が見られるとかね。もっとネットとテレビの融合もこの先できるんじゃないなかぁ。いやぁ、そう思うと、新しいサービスがある未来も楽しそうですよねぇ。

ネット時代、使う側も気をつけなくては

そんなネット時代。2011年4月21日には、プレイステーションユーザー向けのネットワークサービス「PlayStaion Network(PSN)」で不正アクセスがあっとして(4月17日~19日に会員のアカウント情報が漏洩された)サービスを停止した日。テレビなどの情報の一方通行の時代では考えられなかったことが起きるようになっております。インターネットは便利だけど、色々と気をつけないとねぇ。
さて、ほかには今日はこんな日でしたよ。

<SPONSORD LINK>

お台場観光スポットならマダム・タッソー東京!

話題のドラマ。これも見逃した時、TVerにお世話になったなぁ。

逃げるは恥だが役に立つ DVD-BOX


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です