4月20日は珈琲牛乳の日


珈琲牛乳の日

白でも黒でもない元祖・珈琲牛乳が日本で初めて発売されたのは、1923年4月20日のことでした。製造メーカーである守山乳業株式会社が記念日に制定しています。珈琲牛乳はいつ、どうやって誕生したんでしょ?あ、ちなみに現在では法改正によって「珈琲牛乳」とは表記できないそうですね。

守山乳業ができるまで

守山乳業の創業者である守山謙さんが、守山乳業の前身会社である守山商会製酪所を設立したのは大正7年のこと。まだ乳製品が一般的ではなく、周囲からの反対も強かったみたいですね。それでも乳製品の需要が伸びると確信し、農業に疲れている農家を救いたいと「酪農」に目を付けて会社を設立したそうです。ちなみにご実家も代々農業をされていたようで、農家の苦労を間近で見ていたからなんでしょうね。

白と黒の運命的な出会い

創業者の守山さんが商品の納品に出かけたところ、納品先の商店で運命的な出会いをします。それは、珈琲です!住田商会の初代社長である住田多次郎さんが珈琲豆の営業に来ていたそうです。乳製品を広めたい守山さんと、珈琲を広めたい住田さんの出会いがその後の商品開発につながります。住田さんはハワイに住んでいたようで、ハワイでは珈琲にクリームを入れて飲むこともあると伝え、守山さんに「どうしたら日本で珈琲が広まるか」を託します。

実際に珈琲を飲んだら苦さにびっくり!そうですよね~、ブラック珈琲は飲み慣れていないと美味しく感じにくいかも。で、クリームのかわりに牛乳と珈琲を半々の割合で混ぜたら美味しいじゃん!とわかり、商品化を決意。牛乳は当時、1日しか日持ちしなかったり、病人の栄養食のようなポジションで一般的ではなかったようですが、開発を重ねて日持ちの条件をクリアし商品化に成功。駅弁と一緒に販売したら飛ぶように売れて、瞬く間にヒット商品となったようです。

珈琲牛乳と言えなくなった理由

これは守山乳業ではありませんが、2000年に某メーカーの低脂肪乳による集団食中毒事件がきっかけで法律が改正されました。2003年からは「100%生乳でないと牛乳表示はできないよ」となり、珈琲牛乳ではなく「珈琲入り乳飲料」「カフェオレ」など別の名前で販売されるようになって現在に至ります。まぁ表示はともかく、珈琲も牛乳も今では一般家庭で愛飲されるものになっています。銭湯では瓶入りの珈琲入り乳飲料が今でも親しまれていますよね。やりましたね、守山さん、住田さん。

今日の誕生日は白でも黒でもない人

写真家でもあり、映像監督でもある紀里谷和明さんは、1968年の今日が誕生日です。映画『キャシャーン』は原作アニメとストーリーが根本から違い過ぎるなどいろいろと物議を呼びましたが、映像はとにかく綺麗でした。静止画でも動画でも活躍されていて、カフェオレ的な生き方ですね。ええ、今日も無理やりつなげましたよ。
今日はほかにもこんな日です!

<y>

<SPONSORD LINK>
喜ばれるギフトに

あの頃映画 松竹DVDコレクション CASSHERN

新造人間キャシャーン COMPLETE DVD-BOX ~ALL EPISODES OF CASSHERN


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です