8月25日はチキンラーメン誕生の日(即席ラーメン記念日)


チキンラーメン誕生の日(即席ラーメン記念日)

ガッキー、かわいいなぁ。ってことで、本日8月25日は「チキンラーメン誕生の日」なんです。そして同時に「即席ラーメン記念日」でもあるのです。そう、チキンラーメンの誕生が即席ラーメンの誕生でもあるのですよ、素晴らしいよ!安藤百福さん。
1958年の8月25日に、チキンラーメンが発売されたことから今日のこの日となりました。当時の値段は35円。大卒初任給が約1万3,500円の時代。かけそばが25円、週刊誌が30円だというので、ちょっと高めの設定かな。でも、それでも大人気で売れまくったというのだから、すごいもんです。だって、今まで見たことのない商品だものね。

安藤百福という人

チキンラーメンを発明した人は、言わずと知れた日清食品の創業者の安藤百福さん。どんなお方と言えば、日清食品のサイト「安藤百福クロニクル」でとても面白く書いてございますので、ご覧あれ。
とはいえ、簡単にご紹介をさせていただきますよ。

独立心と事業への意欲が旺盛だった百福さん。22歳で様々な事業を立ち上げ大成功、しかし、理事長を務めていた信用組合が破綻すると、すべての財産を失うことになるのです。その時に思ったのが「失ったのは財産だけ、その分、経験が血と肉になって身についたのだ」ということ。何て逞しいのでしょうか。そこから、長い間温めてきたアイデア「お湯があればすぐに食べられるラーメン」の開発に取り組みました。

食に対しては全くの素人であった百福さん、試作品を作っては捨て、作っては捨て、たった一人で一年間研究を続けたそうです。ある日、奥さんが天ぷらを作っているところを見てひらめきます。それが、麺の水分を高温の油で弾き出す「瞬間油熱乾燥法」のヒントになり、インスタントラーメンを作る足がかりとなったのですよ。かなり説明はざっくりですけど。

そして、59年前の8月25日にチキンラーメンは発売。お湯を注ぐと2分でラーメンになるチキンラーメンは「魔法のラーメン」と呼ばれだ話題に。しかし、かけそば25円の時代に、35円。初めは高いと敬遠されたのですが、実際にチキンラーメンを食べた人からは「なんて美味しいんだ!そして、なんて便利なんだ!」との絶賛の声が殺到。大ヒット商品になるのです。

その後、世界での発売を視野に入れたカップヌードルの開発も手がけ、「人生に遅すぎることはない」と95歳にして宇宙ラーメンの開発にも携わるのです。そしてとうとう、2007年1月に心筋梗塞で帰らぬ人となりました。合掌。まさに、インスタントラーメンの神様、世界の食文化を変えて人ですよ。すごいなぁ、お世話になってますよ、カップヌードル。チキンラーメン。今まで、どれだけ食べてきたことか!

ひらめきは執念から生まれる

この「安藤百福クロニクル」を読んで、とても心に響いた言葉は、「ひらめきは執念から生まれる」ということ。食事が人にとって最も大切だと考え、誰もやったことのないことを成し遂げる。そのために、考えて考えて考え抜いた先にアイデアが待っているんですよね。いやぁ、深いですよね。そんだけ必死にならなきゃ、ひらめきは生まれないんだよなぁ。僕なんか「なんか簡単に儲かることないかなぁ」っていつも思ってるんですけど、それ自体がもうダメなのかもしれませんよね。ああ、反省。

本日の誕生日は、ファッションデザイナーのコシノジュンコさん。この人のひらめき・アイデアも奇抜だよねぇ。「オレたちひょうきん族」の「アミダばばぁ」の衣装デザインも担当したって知ってました?最近は、ドコモのCMでブルゾンちえみさんと綾野剛さんの母親役でも出演して話題になっていますよね。いやぁ、インパクトありますよ。

はい、ほかにも今日はこんな日でしたよー。

<B>

<SPONSORD LINK>

日清 チキンラーメン (85g×5P)×6個

ヘテムル


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です