8月20日は誕生記念筆の日


誕生記念筆の日

HAPPY(8)な筆(20)の語呂で、今日は誕生記念筆の日です!これ応用できそうですよね、HAPPYな肉の日(8月29日)とか。た、例えが微妙ですかね、スミマセン。誕生記念筆の日を制定したのは、赤ちゃん筆専門メーカーの赤ちゃん筆センター株式会社。赤ちゃん筆とは赤ちゃんの髪でつくる筆で、胎毛筆と呼ぶ場合もあります。私が子供の1歳の誕生日プレゼントを検索していた時にけっこうヒットしたので、記念でつくる方も多いのでしょうか。

赤ちゃん筆用のヘアカットが難しい人に

赤ちゃん筆センターが設立したのは、昭和42年のこと。設立当時は赤ちゃん筆の専門であることが全国的にも珍しかったようです。今はネット注文で受けているところも増えたのでは。ただ、赤ちゃん筆センターが面白いのは、理美容店の提携があること!提携店でカットしてもらって、そこで申込できちゃいます。子供ってじっとできませんからね、ヘアカット激ムズ!さらに、うちの子は薄毛&くせ毛で、必要な量や長さをカットするのは素人には難しくて、結局、筆は作りませんでした。でもプロにカットしてもらって申込できるなら、検討したかったな。とりあえず、こんな感じの箱に入れて一部保管しています。

ファーストへアBOX(ダーラナホース)【国産/手作り/高級桐使用】

メモリアルグッズあれこれ

1歳の誕生日でいろいろ検索していて、いろんなメモリアルグッズがあるんだなと感心しました。代表的なものを紹介してみます。
ウェイトドール
⇒出生時の体重と同じ重さのぬいぐるみのこと。子供はどんどん大きくなるので、約3kgでオロオロろしていた頃が懐かしい。。
手型・足型グッズ
⇒フォトフレームや時計とセットのもの、マグカップなどいろいろ。小さな手足が実物大で残るのは嬉しい。
へその緒ケース
⇒へその緒はお腹の中で子供とつながり育んでいた命綱です。出産した産院でケースごと貰えることも多いですね。
乳歯保管ケース
⇒子供産むまで「なぜ歯が記念に?」と思ってましたが。親にとって乳歯は、授乳中に噛まれた思い出、ビニル袋をかみちぎって焦った思い出、子供に蹴られようが噛まれようが一生懸命に歯磨きをした思ひ出がたっぷり。。
1歳の誕生記念品として検索にひっかかったものたちです。子供へのプレゼントというより、母親にとっての記念品ですね。

私の親は、私が幼稚園や小学校の頃に描いた絵を保管してくれていました。その絵自体にはそれほど興味がなかったんですけど(ごめんね親・・)、保管していてくれたこと自体には「大切に育ててもらったんだな~」という親の愛情を感じてちょっとジーンときましたね。大人になってから見せてもらうと感動するので、写真や動画だけでなく少しは物を保管するのもいいのでは。その候補に、赤ちゃん筆はいかがですか。

子育てママに見えない美人が誕生日

今日はタレントの梅宮アンナさんが誕生日です。みなさんご存じの通り梅宮辰雄さんのご息女で、とってもきれいな方ですよね。子育てについての持論など何かと話題になっていますが、それぞれ家庭の事情や親子関係は違いますからねぇ。お子さんが愛情を感じながらスクスク育つことを願っています。今日はほかにもこんな日です。

<y>

<SPONSORD LINK>
まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量256GBレンタルサーバー『HETEML

髪の毛の量が少なくても大丈夫!【誕生記念筆 小さな赤ちゃん筆】 お仕立て券


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です