4月29日は畳の日


畳の日

今日のこの日、4月29日は「みどりの日」。あれ?そうなんですけど、イ草の美しい緑色ということから、4月29日は「畳の日」でもあるんです。全国畳産業振興会が制定しました。ちなみに「清掃の日」でもある9月24日も「畳の日」ですよ。記念日から連想して記念日を制定する、ってある意味斬新です。

畳の名前の由来は?

日本人なら誰だって馴染みのあるであろう「畳」。古代から伝わるものって、中国や朝鮮からのものが多かったりしますが、畳は日本固有の文化なんです。確かに、外国では畳っぽいものは見たことがないですねえ。
とはいえ、畳もずっと昔からあの形であったわけではありません。そもそもは今の「ござ」のように薄い敷物のことを畳と言っていて、莚(むしろ)も、茣蓙(ござ)も、菰(こも)も、畳と呼んでいたそうです。なぜ「畳」と言われていたのかは、もうそのまんまでした。薄い敷物なので使わないときは畳んで部屋の隅に置いていたから「たたむ」が名詞化して「たたみ」になったと。あー、捻りがなかったですね。

畳の歴史

それから、徐々に現代の畳の形に近づいてくるのが、平安時代。このころから畳は分厚くなり、部屋の一部に据え置いて使うように。現代のクッションのような感覚で「板の間に直接座ると痛いじゃん。畳は座りやすいじゃん」という形で使われるようになったのでは、と予想されます。たぶん。予想なので。
それから、室町時代に入ると部屋全体に畳を敷き詰める造りも現れ始めます。移動をしないことから畳の厚みも重厚になります。その頃から流行り始めた茶道の発展と、また正座をするのにも畳は適しているいう理由から普及をしていったようですね。江戸時代になると、畳自体が建築の要素として重要視されるようにもなりました。
ちょっと時代は飛びますが、僕の子供の頃、昭和の時代では畳の部屋(和室)は普通でしたよね。生まれ育た家もキッチン以外はほぼ畳の部屋だったなぁ。本格的な畳だと、ダニが繁殖したり、カビが生えやすかったりするので、最近では敬遠されることも多いようですよね。確かに、なかなかの築年数で和室があると、ちょっと悩んじゃう気持ちもわかるよねぇ。
だから最近では(というほど最近じゃないけどね。ちょっと昔からね)、洋室の中にちょっとした和風スペースとして、畳をカーペットやクッション代わりに敷くってのもよくあるパターン。時代は回るといいますが、平安時代の形式にある意味復活しているということですよね。

畳数?帖数?

畳で広さを数えるときは、例えば「6畳」とか「8畳」って言いますよね。だけど、住宅の間取り図にある表記は「リビング12.5帖」とか「寝室8.5帖」とか、「畳」じゃなくて「帖」となっているんですが、気が付いていましたか?
畳って完全に規格が統一されているわけではないので、同じ1畳でも誤差があるんですよ。なので、「1帖=1.62平方メートル」というルールを決めて、間取りで表記しているんですって。なるほどー。

畳だけにね

さて、4月29日の誕生日は、アコーディオン奏者のcobaさん。あの「ふいご」になっている蛇腹部分を伸ばしたり畳んだりしながら演奏するアコーディオン、味のある音がしますよねぇ。そうね、畳の日だけにね。はい。みなさん、よいゴールデンウィークを!
もちろん、今日は昭和天皇の誕生日でしたよ。

<B>

<SPONSORD LINK>

ダニ・ハウスダストにお悩みなら

coba?


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です