2月27日は女性雑誌の日


女性雑誌の日

今日はロンドンで世界初の女性向け週刊誌『ザ・レディス・マーキュリー』が創刊された日です。1693年にね。ちなみに日本初の女性誌は平塚らいてう等がつくった1911年創刊の『青鞜(せいとう)』らしいです。200年以上差がありますね。

トレンドカラーは2年前に決定!

女性誌でよく見かける「今年の流行色」。日本が参考にしているのは、インターカラー(国際流行色委員会)という国際団体が決めたカラーのようです。インターカラーには世界18か国が参加しており、日本も日本流行色協会(JAFCA)の方が参加しています。
そこでは、2年先の流行色を決定しているらしく、2017年SSの流行色は2015年に決まっていたはずです。最先端の流行色が過去に決められたものって、なんだか不思議。というか踊らされてる感。ファッションに縁のない一般消費者のワタシでは、流行の最先端にたどり着くことは無さそうです。

女性誌の舞台裏がみえる映画

雑誌編集部が舞台のドラマや映画はいろいろありそうですが、個人的には2006年公開の映画『プラダを着た悪魔』が痛快でした。ファッションに全く興味のない、ジャーナリストを目指す高学歴女子が主人公で、なぜか一流ファッション誌の編集長のアシスタントとして採用。キャリアのためとはいえ、主人公の私生活はめちゃくちゃになり、悩みながら自分が何をしたいのか見つける話です。悪魔のような編集長役はメリル・ストリープ。ラストのセリフは「Go.」の一言なんですが、表情がいろいろ物語っていて本当に素敵な女優さんだなー!って感じ入りました。主人公の外見・内面の変化も面白くて、女性が楽しめる映画だな~と思います。

女性誌の売り上げアップあれこれ

情報が無料の時代、雑誌が売れるよう各社あれこれ工夫されていますよね。女性ファッション誌だと付録が豪華だったりね。可愛い化粧ポーチやら、アクセサリートレイやら、ファッションブランドやキャラクタとコラボしたオリジナルグッズが多いくて、私もつられて買ったことが何度かあります。
あと、女性誌は表紙のキャッチコピーが面白い。VERYの「母さん、夏の終わりに豹になる」とかね。言葉だけ見たら、「え、何どうしたかーちゃん!?」ってなるけど不思議とかっこよく表紙におさまっています。「○日で見せるカラダに」とか、えマジで?と思わず手に取りたくなるし。ターゲットに響くような具体的な言葉が入るので、見ていて楽しいです。女性は違和感なくそれらを見ていますが、男性からしたら「?」かもしれませんね~。

今日が誕生日の方はこちら

女性もたくさん誕生日の方いらっしゃいますが、夫婦でタレントをしている、かつみさゆりの太平かつみさんも誕生日です。バラエティ番組『しくじり先生 俺みたいになるな!!』に出演されたのを見て、さゆりさんが不憫で応援したくなりました。女性誌なんて買う余裕無い生活でしたよ、本当に。。かつみさん、頑張って!
今日はほかにもこんな日です。

<y>

<SPONSORD LINK>
女性に選ばれているネットショップ作成サービス「カラーミーショップ」

>プラダを着た悪魔<特別編> [ メリル・ストリープ ]


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です