3月11日はパンダ発見の日


パンダ発見の日

「パンダ発見の日」のパンダとは、白黒の姿でおなじみのジャイアントパンダのこと。中国の密林にひっそり暮らしていたジャイアントパンダが、世界に広まるきっかけとなった出来事が1869年のこの日に起きたことから、記念日とされているようです。

奪われた「パンダ」の座

ジャイアントパンダの発見者は、フランスの神父、アーノルド・ダヴィトさん。1869年のこの日、中国での伝道で四川省に立ち寄り、民家でジャイアントパンダの白黒の毛皮を発見。「こりゃ見たことないぞ」ってことで毛皮をパリの博物館に送ります。そこからジャイアントパンダの存在が世界に広まり、「パンダ」の愛称で親しまれるようになりました。
でも実は、それ以前にも「パンダ」と呼ばれる動物がいたんです。それは、レッサーパンダ。ところがジャイアントパンダ=パンダが定着したことで、何か区別しないとね~と考えた末に、彼らは“小さいほうのパンダ”という意味の「レッサーパンダ」という名前に。そりゃ~レッサーパンダも驚いて立っちゃいますよね。違うか。

パンダは草食なのか肉食なのか?

レッサーパンダとジャイアントパンダ、かつては「パンダ科」という同じ分類に系統された時代もあり、2種には共通点も多いようです。でも研究が進むにつれ、ジャイアントパンダはクマに近いことがわかり、現在ではレッサーパンダはイタチ下目レッサーパンダ科、ジャイアントパンダはクマ下目クマ科となっています。クマは肉食獣なのでクマ科のジャイアントパンダも肉食?と思いきや、主食は竹。進化の途中で早々にクマと枝分かれしたそうな。でも稀に小動物の死骸などを食べることも。普段は大きな体でむしゃむしゃ笹を食べていて、こちらも身の危険を感じず可愛いな~と感じますが、動物を食べるシーンに遭遇したらちょっと怖いかも。

パンダのピンチを救おう

自然保護団体WWFによれば、パンダは1日にとても大量の竹を食べるそうです。

野生では、彼らは眠るか短距離を移動する以外は、最長で一日14時間も食べ続けます。パンダは、竹の部分で最も栄養があり繊維質の少ない、新しい茎や葉、そしてタケノコを好み、一日にその体重の40%にも達する12~38kgの竹を食べると言われています。

人間は7割が水分だけど、パンダは4割が竹。そして1日の半分以上が食事タイム。いろいろ桁違いです。そんなジャイアントパンダ、今では中国にいる1,600頭ほどが全て。一時パンダが乱獲されてしまったこと、パンダの好む様々な竹が自然の開拓により減少したことも原因のよう。絶滅危惧種にも指定されており、WWFではシンボルモチーフにパンダを掲げてパンダの保護活動をされています。通販ショップもあるので、よければ覗いてみてください。

パンダじゃないリンリンさんが誕生日

かつてハロプロに所属した中国の歌手リンリンさんは、1991年の今日が誕生日。リンリンと聞くとパンダのリンリン・ランランを連想します。中国ではベーシックな名前なのかしら。
今日はほかにもこんな日です。

<y>
カラーミーショップ

>wwf-001【WWF/世界自然保護基金】Tシャツ S/S TEE WWF/WHT パンダ【メール便対応】

価格:3,130円
(2017/3/9 16:27時点)


3月10日は名古屋コーチンの日


名古屋コーチンの日

コーチンって、どんな意味なんだろうと疑問に思っていましたが、鶏の品種の一つのことなんだって。中国産の大型の鶏がコーチンの祖先だとか。本日、3月10日は「名古屋コーチンの日」です。
名古屋コーチンが生まれたのは、1882年頃。今から135年も前なんですね。尾張藩士であった海部壮平と、名古屋市内で養鶏業を営んでいた弟の海部正秀兄弟が、岐阜地鶏と中国から入手したコーチンを交配して産まれたそうです。
その後、その素晴らしい肉質と産卵能力が評価され、日本家禽協会に日本初の実用鶏種として認定されたのが1905年3月10日だったということ。なので、今日が名古屋コーチンの日というわけ。
愛知県一般社団法人名古屋コーチン協会が制定しました。

名古屋コーチンの美味しさは

そんな名古屋コーチン、全国的にこの名前で知れ渡っていますが、実は正式名は「名古屋種」と言うのですよ。なんだそりゃ、確かにイマイチイメージが湧きませんよね。鶏かどうかもわかんないし。1919年にこの名前になったとのことですが、もう100年経っても定着しないんだから、もう「名古屋コーチン」でいいんじゃない。
この名古屋コーチン、特徴は何と言っても肉も卵も美味しい「卵肉兼用種」。赤みを帯びだ肉は弾力、歯ごたえがあり、コクのある旨味があります。通常のブロイラーは飼育期間が約50日なのに対して、名古屋コーチンは4〜5か月の間も適度な運動をしながらじっくりと育てるので、タンパク質が多く美味しいお肉になるんですね。そりゃそれなりの値段がするわけだ。
卵はやや小ぶりで、卵黄は濃くて舌触りは滑らか、こちらも濃厚でコクのある美味しさ。卵白は気泡性に優れているので、お菓子づくりにも相性はバッチリなんだって。
で、個人的に僕がオススメするのは、やっぱり親子丼。トロトロふわふわの卵と、歯ごたえのいい旨みたっぷりのお肉は名古屋コーチンを心ゆくまで味わえる料理だと思うのですよ。

名古屋コーチンのとりせつ

そんな名古屋コーチンの美味しさをもっともっと楽しむために、名古屋コーチン協会から「とりせつ」なる冊子が出ています。ネットでもpdfで読めますよ。
僕もざっと拝見しましたが「名古屋コーチンもりあげ隊」として愛知淑徳大学の学生たちが作成したツールらしい。名古屋コーチングルメマップとして、名古屋市内(一部違うけど)で美味しくいただけるお店を紹介していたり、名古屋コーチンの鶏肉が買えるお店の紹介、オリジナルレシピもありますよ。
こんなん見てると今夜は焼き鳥で一杯。ってなっちゃいそうですよ。あー、鶏肉ー。みなさんも、ぜひ名古屋にいらっしゃい。

いわゆる地鶏の名古屋コーチン。「地鶏」の定義って一体なんぞやって、ことで。これも「とりせつ」から情報を拝借してみなさんにご紹介。日本農林規格(特定JAS)で「地鶏肉」と表示できる規格は次のように定められています。

●在来種の遺伝子割合が50%以上であること
●ふ化日から80日以上飼育していること
●28日齢以降平飼いで飼育していること
●28日齢以降1㎡あたり10羽以下で飼育していること
なお、「在来種」とは明治時代までに日本に成立・定着した鶏のことを言います。

地鶏とは、日本の在来鶏を利用した特色のある鶏のこと、なんだそうです。一方、一般的な鶏肉はブロイラーと言われ、これらは短期間で急速に成長する目的で作られた品種。生まれてから成鶏になるまでに約一ヶ月半、そのために歩行不能なったり心臓疾患があったり、なかなか辛いこともあるそうで。まぁ、食べてるんですけどね。そうは言っても。でも、品種改良もちょっと考えちゃいますよねぇ。

3月10日はこんな日、誰の誕生日?

さて、こんな鶏尽くしの本日の情報。2009年の3月10日は、道頓堀川でカーネルサンダース像が発見された日。1985年に阪神のセリーグ優勝で投げ込まれてから、実に24年が経っていました。そんな長い間、よく見つからずにいたもんだ。で、24年ぶりによく見つかったもんだ。しかも、名古屋コーチンの日に。まぁ、ケンタッキーでは名古屋コーチン使ってないですけどね。
他にも今日はこんな日でしたよ。
今日の誕生日は、お笑いタレントの皆様がいっぱい。つぶやきシローさん、博多大吉さん、藤井隆さん、山田花子さん、8.6秒バズーカーのはまやねんさん。みなさん、今年も頑張って笑いを「とり」にいってください。あれ、ちょっとつまんかなったかも。

<B>

<SPONSORD LINK>

>トリセツ [ 西野カナ ]

喜ばれるギフトに、ふとんクリーナーレイコップ


3月9日は佐久の日・ケーキ記念日


佐久の日・ケーキ記念日

日本三大ケーキのまち、知ってますか?兵庫県神戸市・東京都目黒区の自由が丘と、長野県佐久市なんだそうです。そこで信州佐久ケーキ職人の会が「さく(39)」の語呂で佐久の日・ケーキ記念日に制定しています。

佐久市がケーキのまちなワケ

佐久市は他の地域に比べて日照時間が長く、寒暖の差が激しいそうです。そうした気候で育つ上質な果物、豊かな自然にはぐくまれた牛乳・卵などケーキづくりに欠かせない素材が佐久市には豊富にあるとか。さらに腕のいいケーキ職人も。そんなことからケーキのまちと言われ、“夢のケーキ”を絵に描いて応募するコンテストも開かれています。優秀賞のケーキは佐久市のケーキ職人が腕をふるって再現。自分の描いたケーキが実現するなんて、まさに夢のようです!

国によって異なるケーキ

ケーキと聞くと、個人的にはスポンジやクリームを連想しますが、チーズケーキやホットケーキも「ケーキ」。欧米では焼き菓子全般がケーキ類だそう。さらに英語では、かまぼこは「fish cake」、餅は「rice cake」など、甘いもの以外もケーキと呼びます。日本で言うケーキとは使われ方が違うみたいですね。
ケーキの使われ方も違えば、「ショートケーキ」の様子も国によって違います。日本ではスポンジに生クリーム、イチゴを使ったケーキですが、アメリカではスポンジではなくクッキーのような焼き菓子を使っていたとか。また、フランス式はスポンジにアーモンドペーストが入っていたり、イチゴは中に挟んで外側をマジパンで覆ったり。イギリスではカリッとした「ショートブレッド」のことをショートケーキと呼んだりも。海外に行かれたら、ぜひショートケーキの注文を。何が出るかな、何が出るかなっ♪

王妃マリー・アントワネットの誤解

「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない。」これはフランス革命の最中に死刑となったフランス王妃マリー・アントワネットの有名なセリフと言われていますが、別の人が言ったセリフだという説も。実は、彼女はそれまで王室にあった無駄と思える儀式を取りやめたり、貧しい子供へ寄付するために貴族から寄付金を募ったり宮廷の費用を削ったりするなど、良心的な人物であったとか。しかーし。それらの行いや美しさに嫉妬した人々が、悪女イメージを植え付け。革命中の庶民にも伝わってしまい、悲しい運命を辿ることになったとか。革命のドタバタに紛れ、真相はよくわかりません。

今日の誕生日はこちら

1749年の今日はフランス革命の指導者とされるオノーレ・ミラボーが誕生。ミラボーさん、マリー・アントワネットは実は庶民にやさしい人だったのかもしれませんよ。今更ですが。
ほかにも1454年に探検家のアメリゴ・ヴェスプッチ、1934年に宇宙飛行士のユーリ・ガガーリンが誕生しています。今日は革命的な人が生まれやすい日なんでしょうか。
今日はほかにもこんな日です。

<y>

<SPONSORD LINK>
本物そっくりの世界のスターが大集合! マダム・タッソー東京