2月23日は工場夜景の日


工場夜景の日

“町はえんとつだらけ。そこかしこから煙があがり、あたまのうえはモックモク。”えんとつ町のプペルより。
今はそこまでモクモクの街はありませんが、工場夜景を観光資源とする室蘭、川崎、富士、四日市、尼崎、周南、北九州の7都市がもっと工場夜景を身近に感じて楽しんで貰えるよう(一社)日本記念日協会に申請、2月23日が工場夜景の日に制定されています。

年中楽しめる観光地

イルミネーションは基本的に空気が澄んでいる冬がメイン。でも工場夜景は、とくに季節関係なく工場が稼働している限り、作業員のためのライトが点灯。だから好きな時期に自分で行って楽しめるのもポイントなのかな。水蒸気がふわ~っと空に上がり、それに光が反射していてなかなか幻想的。町の明かりだと大きな看板に文字があったりするけど、工場にはそれがないのでスッキリ見えるのもいいのかも。

夜景だけど撮影しやすい!

夜景の撮影って難しくて、スマホやコンデジでは真っ暗。一眼レフで三脚立てて時間をかけて撮影しないとキレイに写らないので、自分ではちゃんと撮ったことがありません。でも工場夜景は明るくて、わりと素人でも簡単にキレイな写真が撮影しやすいようです。コンデジでも撮影できなくもないらしい!地域によっては工場夜景を楽しむクルーズも出るようで、工場のライトが海にキラキラ反射する様子はまた一段と煌びやか。

工場の町に住むプペル

工場夜景と聞いて思い浮かぶのは、今何かと話題のにしのあきひろさん著作絵本『えんとつ町のプペル』。えんとつだらけの町が舞台なので、絵は全体的に工場夜景のような感じ。この絵本、イラストを33人のイラストレーターが分業しており、世界初の取り組みらしいです。費用はクラウドファウンディングで集め、さらに完成した絵本は無料公開。それでもかなり絵本が売れているみたいですね。気に入ったものは手元に置きたいし、欲しいと思った人が多いってことですね。

今日の誕生日はこんな人

今日は三倉茉奈さん、佳奈さんが誕生日。マナ・カナの愛称で人気の双子も、今やカナさんは二児の母。デビュー当時の可愛らしい姿が懐かしい。
もうひとり、卓球選手の石川佳純さんも誕生日。リオ五輪ではメダルを逃したものの、大健闘。愛ちゃんが卓球をお休みしている今、ぜひ卓球女子の牽引役としても頑張ってほしいです!
今日はほかにもこんな日です。

<y>

<SPONSORED LINK>

みんなやってるチラシ集客 スマートチラシ

>工場夜景 [ 工場ナイトクルーズ ]


2月22日は忍者の日


忍者の日

2月22日で「ニンニンニン」。何このわかりやすさ。
本日は忍者の日。ちなみに「ニャンニャンニャン」で猫の日でもあるそうですよ。
忍者ショーの運営や忍者をテーマとしたレストランなどを手がける株式会社グラフィクスアンドデザイニングが制定しました。

忍者の歴史と流派

忍者の歴史は古く、源氏と平氏が争った11世紀末頃からと言われています。
その流派、有名なのは伊賀流、甲賀流などですが、文献上では71流派もあるとのことなので案外お住いの近くにも忍者の流派があるかもしれません。
僕の住まいは岐阜なので、子供が小さい時は甲賀や伊賀忍者屋敷にも行きましたね。
他にも聞いたことのある名前だと、風魔流、戸隠流、備前流などでしょうか。
風魔流って「風魔の小次郎」の風魔ですよねー。いやぁ、懐かしい。車田正美せんせー。
僕は年齢歴に「聖闘士星矢」よりも「風魔の小次郎」だったんだよなぁ。
そういえば、小次郎も忍者だったよな。みんな学生服だったけど。知ってますか?
霧風が渋くて好きだったなぁ。

ニンニン・ハットリカンゾウでござる

そんな忍者、謎めいた設定やズバ抜けた身体能力は魅力的で
漫画や映画の題材にも数多く登場しています。例えば、
2/22の「ニンニンニン」ではないですが、忍者といえば「ニンニン」でしょう。
もちろん流行らせたのは言わずと知れた藤子不二雄Ⓐ先生の「忍者ハットリくん」
雑誌への連載が始まったのが、1964年だそうなので、もう53年も前なんだって。
2004年にも香取慎吾主演で映画にもなりましたね。なんかちょっと違ったけど。

忍者の漫画・ドラマ・映画

歴史を遡れば、やはり忍者漫画で外せないのが、白土三平先生の「カムイ伝」「カムイ外伝」渋い雰囲気でカッコ良かったなぁ。床屋の本棚にありました。はっきりとは覚えてないけど。
横山光輝先生は「伊賀の影丸」「仮面の忍者 赤影」これはテレビドラマの印象でしょうね、生まれる前なので残念ながらちゃんと見たことがありません。
少し前の大ヒットといえば、小山ゆう先生の「あずみ」がなんといっても素晴らしいかった。最初の設定でもうドキドキでしたよ。二人組みになって試練を乗り越え、最後はどっちかが生き残る。って、えー勘弁してあげてー、みたいな。
僕の子供が大好きだったのは、尼子騒兵衛先生の「落第忍者乱太郎」、アニメだと「忍たま乱太郎」ですよね。よく見てましたよ、マイサン。そういえば尼子騒兵衛先生って女性だった知ってました。知った時はかなり驚きましたよ、僕。

他にもまだまだたくさんありますね。「NARUTO -ナルト-」は世界中で大人気だし、少女漫画にも「伊賀野カバ丸」「さすがの猿飛」って忍者漫画はあったし。ゴレンジャーから始まった戦隊モノにも、カクレンジャーハリケンジャーニンニンジャーなど何度も登場するし。ホント忍者って大人気コンテンツ。
服部半蔵たちもこんな未来は想像してなかったんでしょうね。きっと。

2月22日の今日の日を

未来を想像していなかったといえば、本日2月22日、18年前の1999年にNTTドコモがiモードサービスを開始しました。しかし、昨年末にiモードケータイの出荷終了のアナウンス。一つの時代が終わった感じがありましたよね。
他にも、本日の誕生日の狩野英孝さん。まさかあんな形でしばらく芸能界をドロンするとは思ってなかったんでしょうね。好きだったから、残念です。ひっそりと、お誕生日おめでとうです。
ゾロ目の本日、他にもこんな日でしたよ。

<B>

<SPONSORED LINK>
WordPressを使うならロリポップ!
簡単インストール完備で楽々スタート!

>忍者ハットリくんリターンズ DVD-BOX [ 藤子不二雄A ]

感想(2件)


2月21日は漱石の日


漱石の日

今日は元・千円札の人、夏目漱石さんにまつわる日です。あ、小説家と紹介すべきですかね、失礼。
1911年2月21日、当時の文部省が「文学博士」の博士号を授与するも夏目漱石は辞退。この出来事が由来で漱石の日とされているようです。

幼少期から苦労した5人兄弟の末っ子

本名・夏目金之助さんは5人兄弟の末っ子として誕生。実父が頑張っていたものの祖父が浪費家で、末っ子の彼は里子に出されます。その時はすぐ生家に戻ったようですが、今度は養子に。でも養父がロクデナシで養母と離縁、結局は実家に戻ったそうです。その養父は、実父が亡くなるまで漱石さんに金の無心を続けていたそうな。いろいろ大変だったんですね。
彼自身は途中で学校を中退しつつも少しずつ学び続け、英語で頭角を現し教員になったのでした。イギリスへも留学しており、昨年までは彼の過ごした部屋が展示公開されていたようです。

執筆のきっかけは気分転換?

イギリスから帰国した後は東京帝国大と第一高等学校の講師に。英語教師として順調に・・いくかと思いきや、大学では小泉八雲さんの後任を務めたものの、学生たちは八雲さんの留任を希望。切ない。高校では「やる気あるのか」と叱責した教え子が入水自殺。つ、つらい。。そんなこんなで神経衰弱に陥っていた頃に書いたのが、デビュー作『吾輩は猫である』。知人である高浜虚子が、弱っている彼を見かねて気晴らしに書くことを薦めたそうですね。そんな流れで1905年、小説家・夏目漱石の誕生です。彼が生きた1867~1916年の人生で、小説を書いたのは11年。思ったより短い印象だなぁ。

漱石の由来は“いいまつがい”

本名は夏目金之助さんで、夏目漱石は作家名でした。「漱石」の由来は中国の故事です。
かつて中国の孫楚伝(そんそでん)という人が、本来「石に枕し、流れにくちすすぐ(漱ぐ)」と言うべきところを「石にくちすすぎ、流れに枕す」といいまつがい。「何まつがえてんだよ~」と指摘されて悔しかったのか、孫さんは言い返します。「何言ってんだよ、石でくちすすぐのは歯を磨くため、流れに枕すのは耳を洗うためさ」
このことから「漱石枕流(そうせきちんりゅう)」という言葉は、負け惜しみや偏屈な様子の例えで使われるようになりました。漱石さんは博士号を辞退するような方ですから、孫さんの斜に構えた感じが好きだったのかも。

今日の誕生日はこんな人

今日は俳優の菅田将暉さんが誕生日。2015年に放送されたドラマ『民王』は、遠藤憲一さん演じる“総理大臣”と菅田さん演じる“大学生のおバカ息子”の魂が入れ替わる話でした。ナヨナヨして情けない遠憲さんが可愛くて、キリッとしつつもおっさんじみた菅田さんは面白かったです。
今日はほかにもこんな日です。

<y>

<SPONSORED LINK>

カラーミーショップならFacebook内にも無料で出店可能。

>【未使用紙幣】 夏目漱石1000円札 国立印刷局 記号”2ケタ ” 未使用 【千円札】

価格:2,500円
(2017/2/20 11:42時点)