5月19日はボクシングの日


ボクシングの日

ワンツー・ボスッ!はい、本日5月19日は「ボクシングの日」です。1952年5月19日に白井義男さんが日本人として初めてのボクシング世界王者になったのを記念して、日本プロボクシング協会が制定しましたよ。第二次世界大戦の終戦のショックに沈む日本人に希望の光を灯したと言われています。

白井義男さんってどんな人?

白井義男さんは1923年生まれ、東京都(当時は東京市)荒川区出身のプロボクサー。小学6年生の時、夜祭りに行った時に余興で行ったカンガルーとの試合に負けてボクシングにのめり込んだそうです。え?これウィキペディア情報ですが、カンガルーとの試合を夜祭りでやってたの?すげーな、昭和初期の夜祭りは。
プロデビューは1943年、太平洋戦争の真っ只中です。成績は素晴らしくデビュー以来8戦全勝、しかし、時代も時代、召集されて海軍へ。整備士として終戦を迎えたそうです。とはいえ、全然に駆り出されなくてよかったですね。
復帰後は海軍時代の整備士としての仕事が激しかったのか、腰痛となり引退寸前に追い込まれたとか。わかりますよ、腰の痛みは、僕も結構なガラスの腰ですからね。

世界フライ級王座へ

しかし、運命は彼を見捨てなかったんですね。その頃にジムに出入りをしていたアルビン・R・カーン氏に見出され、彼の全面的な支援によって白井さんの才能は開花していきます。このカーン氏、GHQ職員で生物学者だそう。まさに昨日の敵は今日の友、ってやつですよね。カーン氏はボクシングの経験はなかったものの、博士としての専門的な知識を活かした科学的トレーニングを白井さんに施していきます。
そして防御中心の「打たせないで打つ」テクニカルなスタイルに矯正した白井さんは、日本フライ級王座、日本バンタム級王座、を獲得。ついに、1952年5月19日に世界フライ級王座に挑戦をするのです。そして、15回を戦い抜き判定勝ちで王座を獲得したのでした。

5月19日の誕生日は

さて、ボクシングつながりってことで、5月19日の誕生日は俳優の安藤政信さんです。彼のデビュー作は言わずと知れた「キッズ・リターン」世界の北野武監督作品です。作品では素晴らしい演技でこの年の映画賞を総なめにしました。今でも存在感すごいですよねえ。
「キッズ・リターン」の最後の試合のシーン、安藤さんがダウンする場面があるのですが、あれは演技ではなく本当にダウンしたそう。その時に鼻が曲がってしまって、ショックで泣いてしまったとか。まぁ、そりゃショックだわ。
他にも、俳優の神木隆之介さん、ハライチの澤部佑さんも誕生日。あ、女子プロゴルファーの松森彩夏さんもですよ。今週は「中京テレビ・ブリヂストンレディス」がんばれー!
他にも今日はこんな日でしたよ。

<B>

<SPONSORD LINK>

WordPressが簡単・すぐに使える『レンタルサーバーheteml(ヘテムル)

キッズ・リターン [Blu-ray]


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です