11月21日は任天堂の日

任天堂の日

任天堂の日

とはいえ、公式に制定されているものではなく
ファンの間で自然とこう呼ばれるようになった「任天堂の日」。
他の記念日とはちょっと毛色が違いますね。
ハードや大作ソフトなどを
この日(やその近辺)が発売日になることから、
こう言われるようになったそうですよね。

任天堂、その漢字を見ると「天に任せる」。
名前の由来もそのように伝えられています。
しかし、実際の経営はそうではないようですよ。
1949年から社長に就任し、
家庭用テレビゲーム時代への道筋を作っていった山内溥社長
自身が社長の中で、倒産の危機を三度も経験したそうです。
だから、ファミコンが大ヒットした後も堅実経営に徹し
「運を天に任せたりせず、人事を尽くして天命を待つ」人だった
と言います。

今でこそ、任天堂は家庭用テレビゲームの会社で認知されていますが、
創業は1889年、花札の製造会社からスタート、
1902年には日本ではじめてトランプの製造も開始したそうです。

トランプといえば、この人

ト、トランプとは、話題のあの人ですよね。
今回の選挙が運を天に任せたかどうかは別として、
今となっては、天命を待つほかはない気もします。
さて、世界はどうなっていくのやら。
不安のほうが大きいですけど、
ゲームのような楽しい世の中になるといいですよね。ホント。

そう言えば、
任天堂の花札、今もちゃんと売っています。
最近知ったんですが、マリオの花札もあるんですって。
ちょっと素敵。
来年のお正月はこれで遊んでみようかな。
トランプのトランプも売り出せば
ちょっと面白いかもですね。

今日の誕生日は、指原莉乃さん。
おめでとうございます。
今もWiiUでカラオケやってますか?

はい、今日は他にもこんな日なのです。

<B>


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です