5月24日は菌活の日


菌活の日

「菌」の訓読み、知ってますか。「キノコ」なんですよ!2013年の今日、ホクト株式会社がTVCMによってはじめて「菌活」という言葉を世間に発信したことから、同社が記念日に制定されています。ホクトといえば、「きのこっのっこ~のこげんきのこ♪」のフレーズ。(ホクトの)キノコを食べて、年中、菌活しましょう!

事件は腸内で起きている?

キノコを食べて、菌を取り入れて健康に!と言われても、腸内環境がよくなるんだよね~程度の知識しかありません。そもそも人間の腸内にはどんな菌がいるのでしょうか。大きく分けると3タイプで、善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌がいるらしい。日和見菌って初めて知りました。呼び名の通り彼らはザ・日和見主義者のようで、善玉菌が活躍中のときは善玉菌もどきになるし、悪玉菌が多いときには悪玉菌もどきになって体に悪さをするんです。悪玉菌だけならそこまでなんでしょうが、日和見菌も悪玉菌化するから、より体調悪くなるんでしょうね。
そこで。「自分を持て、日和見菌よ!目を覚ませ、お前なら善玉菌になれるはずだ!」と松○修造さん並みに鍛える。なんてことは難しいので、腸内でいかに善玉菌勢力を強めるかがポイントのようです。善玉菌を増やすには、
乳酸菌製品:ヨーグルト・チーズ
食物繊維 :野菜・海草類・果物
オリゴ糖 :蜂蜜・大豆
発酵食品 :納豆・味噌
でんぷん類:米・パン・麺類
などを食べましょう。あ、キノコもお忘れなく。

キノコは何者なのか

キノコってスーパーでは野菜売り場に並んでいて、「わたしたち野菜ですよ~」感を出してますが。厳密には野菜じゃないんです。野菜の分類は3つあって、
・トマトなどの果菜類
・ホウレンソウなどの葉菜類
・ニンジンなどの根菜
に分けられるんですが、キノコはこの中には含まれません。じゃあ何かというと、菌類です!菌って、ビフィズス菌とかカビ菌とかと同じ菌のこと?はい、そうなんです。キノコも菌類であり、体にいい菌のひとつということで、キノコなどの菌を取り入れて健康な毎日を送りましょう。というのが菌活の日のコンセプトですよ。

キノコを食べると何が起きる?

キノコを食べて菌活しよう!とはいうものの、キノコのどんな栄養素が健康に効果的なんでしょうか。品種にもよりますが、基本的にキノコ全般がほかの食材と比較するとこんな栄養素が豊富なようです。
・食物繊維
・ビタミンB群
・βグルカン
食物繊維が豊富だとお通じがよくなるっていいますよね。腸内の老廃物がすっきりすることで肌荒れが改善されたり、体の免疫力があがるそうです。免疫力といえばβグルカンもそう。がん治療にもいいんじゃないかという研究もされている栄養素なのです。キノコ食べて改善されるなら、嬉しいですね。ぜひ研究がんばってください。ビタミンB群はエネルギー代謝を促すのでダイエット向き。さらに肌や髪の状態も整えてくれるっていうから、女性はもう毎日食べるしかない!レッツ菌活!とはいえバランスのいい食事も大事なので、「まごわやさしい」食事を意識してみるのはどうでしょうか。まめ、ごま、わかね、やさい、さかな、しいたけ、いも、を1日3食の中で摂れるといいみたいです。

今日の誕生日は健康そうな美人

今日は女優の小林聡美さんが誕生日です。色白で肌ツヤもよく、きっと腸内環境もキレイなんでしょうね。菌活をして小林聡美さんを目指そうかしら。ま、そもそも色白じゃないんですけどね。
今日はほかにもこんな日です。

<y>

<SPONSORD LINK>
ヘテムル

シイタケ栽培キット 【もりのしいたけ農園】


5月23日はラブレターの日


ラブレターの日

5月23日は、5(こ)2(ふ)3(み)で「こいぶみ(恋文)」ってことで「ラブレターの日」です。まぁ、商業的には浅田次郎原作の映画「ラブ・レター」が1998年の本日が公開日だったということですけどね。恋文の方が綺麗ですよねぇ。

恋愛ドラマとはちょっと違う

浅田次郎が原作で「ラブ・レター」かぁ、恋愛小説ってイメージがないなぁ、と思ったんですが、やっぱり通常の恋愛小説ではなさそうですよね。しかも、小説「鉄道員(ぽっぽや)」に収録された短編小説ってことなので、読んだことあるはずですよ、僕。あれ?うっすらとしか覚えてないなぁ。
簡単にあらすじを書くと、こんな感じ。

大手企業をリストラされた男が「死亡診断書」を受け取る。それは、お金のために偽装結婚した中国人売春婦のものだったのです。戸籍を売った暴力団の元へ行くと、彼女からの託された手紙を渡されます。その手紙を見て、戸籍上の妻の遺体を引き取りに行くのですが‥‥。顔も見たことのない妻からの手紙がきっかけに、主人公をめぐる運命と周りの人たちの生き方や考え方を改めて見つめ直す。といった話でございます。

ん、なんか面白そうです。家に本があるはずだから、もう一回読み直してみようかな。というか、映画見ろって話ですよね。

あの頃映画 松竹DVDコレクション ラブ・レター

他にもあります。ラブレター

映画でラブレターといえば、1995年に公開された、中山美穂・豊川悦司主演の「Love Letter」の方が有名ではないでしょうか。岩井俊二監督の長編映画作品としても話題になりました。はい、しかし、この映画、僕は見ておりません。ポスターとかはよく見て印象に残ってるんですけどねえ。では、ウィキペディアによる作品情報によると、これまた簡単に。

主人公・渡辺博子は、山で遭難し亡くなった婚約者・藤井樹が中学時代に住んでいた住所へ手紙を出します。すると、その数日後、来るはずのない手紙が届いたのです。その返事を書いた手紙の主は、婚約者だった彼と幼馴染で同姓同名の女性・藤井樹。こうして博子と樹との文通が始まっていくのです。

といった感じ。
日本でも数々の賞を受賞したこの映画、韓国でも公開されて大ヒットしたそうで、舞台になった北海道小樽にはたくさんの韓国人旅行者も訪れたとのこと。
へぇ。これも見てみる価値はありそうです。

Love Letter [DVD]

さて、本日はキスの日でもあるのです

そう。「ラブレターの日」だけではなくて、本日5月23日は「キスの日」でもあるんです。しかし、このエピソードも甘酸っぱい感じは何もなく、やや微妙な感じなのですどけね。

日本で初めてキスシーンが登場する映画「はたちの青春」が公開されたのが1946年の5月23日。当時はこれが話題となり大ヒット、連日映画館は超満員だったそうですよ。しかし、そもそもこの映画、キスシーンなどは予定になく、内容といえば「親が娘の結婚話に口を出して失敗、のちに大いに心を入れ替える」って話なんだそうです。まぁ、見てないですけど。ごめん、度々。

しかし、この時代1946年は戦後すぐ、未だ映画製作もGHQの検閲下にあったんです。映画の脚本が完成してGHQの検閲に出すと「これ、内容いいけど、キスシーンとかあったほうがいいんじゃない?」ってアメリカの方が仰ったそうで。。まぁ、アメリカ人ったら。というわけで、無理やりキスシーンを入れたそうですよ。ま、大ヒットしてよかったですよね。
しかし、キス一つで超話題になるとは。70年前の日本は随分とウブだったんですよねぇ。

松竹キネマ90周年x日本コロムビア100周年 懐しの松竹映画大全集 スペシャルBOX ~音と映像で甦る銀幕の歌謡曲~(DVD付)

5月23日の誕生日は

キスシーンが出るだけでドキドキしていた時代。映画「GANTZ」で全裸シーンに挑戦した彼女を見たらどうなっちゃうんでしょう?はい、本日5月23日の誕生日は、夏菜さん。GANTZ前にもいろんなドラマなどに出ていたそうですが、ショートカットにしてから世の中に出るのはこの映画からだそうで。僕も予告編を見たときに「誰だ?この子は!」ってドキドキしたもんです。
はい、そんなこんなで、本日は他にもこんな日でしたよ。

<B>

<SPONSORD LINK>

WordPress・MTOS簡単インストール機能対応!レンタルサーバー『ヘテムル

夏菜写真集/「夏菜 GANTZ/K」 (タレント・映画写真集)


5月22日は たまご料理の日


たまご料理の日

クックドゥードゥルドゥー!5月22日は「たまご料理の日」ですよ。一般社団法人全日本うまいもん推進協議会が制定しました。うまいもん、と言えば料理の基本と言われる「たまご料理」ということでしょうかね。食の安全を啓蒙し、たまご料理の食文化の振興という願いが込められているそうです。
なぜ5月22日か?と言えば、5月は「05(たまご)」なるほど、ゼロを入れて玉ですか!22日は「ニワトリ ニワトリ」と読む語呂合わせからだそうですが、、読むか?「ニワトリ」。

たまごとニワトリなら親子丼でしょう

親子丼、その発祥は諸説あるようですが、その一つ、日本橋にある軍鶏料理専門店の「玉ひで」で軍鶏鍋を食べているお客さんが卵でとじてご飯に食べている方がいたそうで。「鶏肉に卵かけるって親子じゃーん!」って大発見的なことだったんでしょうね、その当時。いつの間にか「親子煮」と呼ばれるようになり、提供されるようになったとのこと。ああ、それが1891年頃だったそうですよ。
他にも、第五回内国勧業博覧会が1903年に大阪で開催された時に、料亭「とり菊」の店主の内本松次郎さんが考案したという説もある。
また、映画監督の山本嘉次郎さんは「うちの父親が考え出したんですよ」とも主張しているそうですよ。まぁ、どれでも美味けりゃいいんですけどね。

ニワトリってなんて鳴くのさ

冒頭の鳴き声「クックドゥードゥルドゥー」これって英語圏で言われるもの、ご存知ですよね。「Cock-a-doodle-doo」 ですよ、英語で話すニワトリは。えー、聞こえるかなぁ?やっぱり日本人なら「コケコッコー!」だと思うんですが、これもまた時代によって変わるようで、江戸時代では「トウテンコウー!」って言ってたそうですよ。まぁ、その頃はカタカナ表記がないので「東天紅」と書いたようです。うむ、なんだかイメージが違うよな。
他の国では、イタリアでは「キッキリキー」キっていうか?そんな鋭い音でしたっけ? ドイツでは「キケリキー」んー?ヨーロッパのニワトリは結構激しい声で鳴くんですかね。 しかしフランスは「ココリコ」ですよ。あー、ココリコって、フランス語のニワトリの鳴き声から来たの?知らんかった。田中タイキック、離婚しましたが、遠藤さんも離婚してますからね、ネットで「個々離婚」って書かれたのを見て笑いました。あ、脱線。
しかし、ニワトリの鳴き声はわかりやすいですが、自分たちの言語に近いものや感じやすい形で耳に入ってくるもんですね。言語って、すごいなぁ。

たまごと言えばの誕生日

ちょっと無理やりですけど、芸能人の中でも卵ベースなお顔と言えば、本日5月22日の誕生の田中麗奈さん。
ガレッジセールのゴリさんも本日が誕生日。ところで、ゴリって魚もいるそうで、ゴリの卵とじなる料理もあるようですよ。へぇ、知りませんでした。
はい、他にも今日はこんな日でしたよ。

<B>

<SPONSORD LINK>

WordPressが簡単・すぐに使える『レンタルサーバーheteml(ヘテムル)

新しい卵ドリル おうちの卵料理が見違える!